Neuro Dive(ニューロダイブ)の口コミや評判を徹底解説 データサイエンスが学べる就労移行支援

プログラミングスクール

Neuro Diveの口コミや評判を徹底解説します。データサイエンスが学べる就労移行支援しており知られているサービスで、2019年にオープンして以来、多くの利用者の就職活動をサポートしてきたと言う実績がありますので、単なるスクールと言うより就職のサポートもしていますので職場実習だけではなく、いろいろなかたにおすすめです。

Neuro Diveの基本情報について

Neuro Diveは精神障害や発達障害を抱える人々を支援するAIデータサイエンスが学べる就労支援サービスで今は働いていない方、IT系職種への就労に挑戦したい方にはおすすめのサービス。就労移行支援事業所で現役データサイエンティストによる指導でAIや機械学習を学べます。それだけでなく応募先企業選定から就職相談まで一括でサポートしているため、参加者は高度な専門スキルを身に付けられます。機会があればページから自身で面接を受けて見ましょう。一人ひとりが継続して学んで理解していけば安定した雇用に目指すことができつながります。

運営会社NeuroDive(ニューロダイブ)
設立2008年1月1日
所在地東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東 6F
サービス内容就労支援
プログラミングスクール
料金説明会は参加無料
時間月火水木金:10時~16時
土日、祝日:休み
サポート地域東京,神奈川,大阪,福岡
URLAIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】

精神障害や発達障害を抱える人々を支援

コンセプトとして精神障害や発達障害を抱える人々を支援するサポートとなっています。AIや機械学習、データサイエンス、RPAなどのスキルを実践的に学ぶことができます。個々に合わせた学習プログラムが提供され就労まで結びつけるサービスとなっています。個別で体験できるので確認しながら学び、コミュニケーションをしながら豊富な技術を付けられます。これから能力を活かして大学や就職先も見つけられるのでメリットがあります。

主な対応職種は?

主な職種としてはマーケティング・データ分析、データサイエンス、機械学習などになります。さらには業務効率化(RPA)、ITエンジニア、インフラエンジニア向けの授業もしているため、かなり分野は広いのが特徴です。秋葉原の事業所で一般には先端の技術を経験できる環境で見学ができます。難しいと言われていますが良いと言う評価も多いです。対象の人材は特化した訓練を受けられる状況で結果としてデメリットや負担はありません。自分のペースで進めていただき取り組むことができるので大丈夫。

支援事業所の利用料金

就労移行支援事業所の利用料金は前年の世帯収入により以下の3パターンになっています。条件によっては減免される場合がありますので、ホームから問い合わせをしてみてください。障害者雇用の希望があればまずは調べてみましょう。参考に業界は非常に基礎知識など問われますが、人手不足で強みを見つけられれば後で学び、就職につなげられます。通所で講座の説明があるので雇用について具体的な話を聞きましょう。入所すればビジネスで買い代を解決できる満足なキャリアが築けます。

条件受講料金
生活保護受給世帯0円
市町村民税非課税世帯0円
市町村民税課税世帯(所得割16万円未満)9,300円
上記以外37,200円

実際のレビューはどうなっているのか?

実際のレビューはどうなっているのか?SNSなどの体験談探してみました。運営では高いスキルを持ったエンジニアが歓迎されています。必要な面談を受け、直で紹介を受けることで月額の単価が高く、大手が中心の案件となっておりますから評価が高くハイクラスにはおすすめです。コンテンツはそれぞれ集中して進めることができるので疑問など事項があれば教えてくれます。

利用方法と体験談について

それでは実際の申し込み方法の流れについてstepを解説します。まずは以下のリンクから公式サイトにアクセスをしてフォームから申し込みをしましょう。最新で情報は会員登録は会社員でも可能で、掲載されている求人に応募が可能です。

AIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】

コメント

タイトルとURLをコピーしました