フリーランスITエンジニア:ChatGPTによりプログラマーは失業する? 将来性と不要論

Freelance

ChatGPTやAIの台頭により、人は要らなくプログラマーは失業するのか?不要論について解説します。2020年代になり、ChatGPTというものが台頭してきました。これにより危惧されているのは、SEOに代わる存在となるのではないかということ、そして、プログラマーが不要になるではないかという議論が色々な場所で行われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

ChatGPTとは?どのようなものか?

ChatGPTは人工知能のチャットボットであり、テキストで人が質問したことに対して回答をしてくれるというものです。このChatGPTは2022年頃にプロトタイプが登場し、幅広い分野の質問に詳細な回答を生成できることから注目を集めていますが、間違えている解答も多いため、まだまだ欠点が多いとされていますが、これは時間が解決していくと言われています。企業ではAIに機械学習をさせて、精度を上げて行っています。webサービスなどでChatGPTで記事やプログラムを作成するケースが増えています。

ChatGPTの台頭により失うもの

ChatGPTは質問したことに対して、的確な解答をしてくれることから、とても注目を浴びています。それでは、ChatGPTが台頭することでどのようなリスクがあるのでしょうか?参考としては以下のようなものが確認されています。将来は膨大な数の職業が消えると言われています。話によると一部アプリの支援業務などでは変化が起こっており、人が置き換えられて少ない傾向にある様子です。進化していくとGPTが活用されてさらにビジネスで新しい局面を迎える可能性があります。

失業のリスク

ChatGPTの台頭により、単純作業などの仕事が奪われていく可能性が示唆されています。いまはまだ誤った解答もおおいChatGPTですが、今後は精度が上がっていくとされ、簡単な仕事が消えていくと言われています。これはコンビニ、スポーツの審判、警備員、ライン工、スーパーマーケットのレジ打ち、データ入力のバイトなどが真っ先に挙げられています。仕事の評価のされ方も大きく変動すると言われています。不安を抱えている人がもうすでにいるのではないでしょうか。

SEOに代わる存在

いままで人は疑問などや調べ物があるときは検索エンジンで文字を打ち込んで解答を探していましたが、ChatGPTが台頭したことによりSEOが不要になるリスクがあります。ブログなども、単純な用語集サイト、教材サイトなどは確実にChatGPTにより需要を奪われていくことになります。正確な知識をChatGPTが身につけていけばブログのライターなども不要になるでしょう。データの精度や能力が全体であげられるかどうかがカギになるでしょう。

プログラマーは失業する?将来はどうなるのか

ChatGPTを使用すると、よくわかりますが、プログラムコードなども生成してくれます。プログラマー不要論が沸騰しているのは、こうやってChatGPTがプログラムコードを勝手に作ってくれるからなのですが、実際のところプログラマーは不要になるのでしょうか?

意図が伝わらない

ChatGPTに指示を出してやってもらってもこれではないという答えを出してしまうことも多いです。つまりいくら性能がよくても人間の意図まで汲み取ることはできないということです。便利なのが目につきやすいですがユーザーの意図をテクノロジーで汲み取るのはなかなか難しいです。

プログラマー未経験者が騒いでいる

そもそもプログラミングの仕事をしたことのない未経験者がChatGPTによりプログラミングの仕事が奪われると騒いでいるのです。もちろんそんなに簡単なものではありません。もう次の働きさきがなくなると騒いでいるのはあまり仕事をしたことがない人なのです。

精度が低い

ChatGPTに質問をすることで、プログラムコードを勝手に生成してくれるのですが、まだ現時点では簡単なコードしか作れないうえに、間違えているコードを生成してしまうことも多いです。

工数削減のツール

ChatGPTの現在の機能としてはそれほど高度なコードが作れません。プログラマーからすれば、ChatGPTが生成したコードを手掛かりにアイデアとして利用するツールとして使用する方が多いです。

簡単には動かない

ChatGPTで作ったソースはそのまま使えないことも多いです。いずれは簡単なコードしか書けないプログラマーは消えていく運命にありますが、腕の良いプログラマーを超えるほどのソースコードをChatGPTがまだ生成できないレベルにあります。

完全自動は無理

ChatGPTの性能がまだ低いということもあり、ChatGPTに対して指令を出すプログラマーが必要になります。どのような局面でどのようなソースコードが欲しいか、を指令してあげるプログラマーがいないと、効果的に業務に使えないのが実態です。

生成コードはそのままでは使えないレベル

ChatGPTに命令をして、生成してもらったコードをそのまま使っても、うまくいきません。やはり素養のあるプログラマーが手直しをして使うことになるため、ある程度の改変が必要になります。

プログラマーは失業する?

簡単なコードしか書けないプログラマーはいずれ仕事を失っていく未来が見えています。しかしその一方で、高度な技術を要するプログラミン後の仕事では、何年経っても素養のあるプログラマーの管理が必要になるでしょう。ソースコードを生成するのはChatGPTに頼ってもできますが、そのままコピペで使うのは危険ですし、不具合が生じるリスクも考えたうえで使うかどうかを判断しなければなりません。そうなると司令塔となるプログラマーの需要がこの先もあり続けると思われます。

プログラマーはフリーランスになれる?

以上のようなことがあり、熟練クラスのプログラマーの需要はこれからも残り続けると思われます。自分で手を動かす時代は終わるかもしれませんが、コードを生成するための指令を出すためのプログラマーはこの後の時代も生き残るでしょう。そのため、フリーランスとしてとても大きな需要があるプログラマーは今後も需要が減ることはないと思われます。プログラマーはフリーランスとしてもとても高い需要があります。興味がある方はまずエージェント会社に登録してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました