フリーランスITエンジニア:複数案件の掛け持ち メリット、デメリットと注意点解説

Freelance

フリーランスエンジニアは複数案件の掛け持ちにメリットはあるのか?注意点について記事で紹介して解説します。フリーランスのエージェントに登録をすると、雇用形態に関して要望を受けることがあると思います。そのとき、登録者は契約社員、派遣社員、フリーランスのなかから、どれかを選択する必要が出てきます。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

エージェントとの面談

フリーランスの専門エージェントに登録すると、まずはエージェントとの面談があります。これはどのような仕事がいいのか、どのようなスキルを持っているのか、そしてどんな働き方をしたいのかというすり合わせをすることになります。その際に登録者は契約形態をどうしたいかという質問を受けることになります。登録者は契約社員、派遣社員、フリーランスのなかから、どれかを選択する必要が出てきます。収入内容はそれぞれ違い、スキルや経験、さらには就業期間、副業の有無によって安定してきます。

掛け持ちはできるのか?

請負契約、就業規則によりますが掛け持ちはどの業種でも雇用形態でもwebで複数を探すことが可能です。よほどの例外がない限り自由度が高く、多様な働き方、活躍ができますので選択肢は多いです。初心者の内は始め方次第でオーバーワークになる可能性もありますので注意しましょう。基本は大切な休憩時間も確保しましょう。企業からしても技術の高い良い人材は確保したいのが本音です。成果さえ出せばだれにも怒られません。相場も人手不足なので単価を上げやすいと言う追い風も吹いています。

気分転換もできる

気分転換もできるのが掛け持ちです。無料で仕事探しができます。知識や技術でキャリア構築もできるので最適です。希望する条件がよほど厳しくなければ運営会社の営業に伝えることで無理なく仕事もできます。稼働時間と納期を確認しながら掛け持ちができるかどうかを確認しましょう。それから獲得するか決めるのもありです。今はjava、javascript、php、c#、ruby、pythonなどのプログラミングの募集はいくらでもあります。しっかり生活が管理できればなんでもOKなのがフリーランスです。

契約社員、派遣社員、フリーランスの違い

フリーランスと派遣、契約では、雇用形態の違いのほか、労働基準法の適応や個別の業務範囲に至るまで異なる点がさまざまです。フリーランスのエージェントに登録するさいは派遣社員と契約社員において差はほとんどありません。あるとすれば、契約社員の場合は、交通費などの諸経費が出ること、派遣社員は出ない場合が多いです。派遣社員や契約社員は社会保険などは加入することになります。

フリーランス派遣社員契約社員
報酬マージン料を引いた価格マージン料と社会保険料を引いた価格マージン料と社会保険料を引いた価格
雇用形態業務委託契約雇用契約(派遣会社)雇用契約(派遣会社)
労働基準法適応外適応適応
業務範囲業務及び、確定申告、事務処理業務のみ業務のみ
社会保険未加入加入加入
交通費負担自分自分会社

報酬

報酬はフリーランスであればマージン料を引いた分がすべて総取りになります。その一方で、社会保険などは加入しないため、国民健康保険や年金はすべて自己負担になります。派遣社員の場合は交通費などは実費になりますが、マージン料と社会保険料を引いた金額が報酬になります。契約社員の場合は交通費が支給されることも多く、それ以外にマージン料と社会保険料を引いた金額が報酬になります。年収、給与は支援を受けられるか、環境により大きな影響を受けます。

雇用形態

雇用形態はフリーランスの場合はエージェント会社との業務委託契約、派遣や契約の場合は雇用契約になるでしょう。業務委託契約は労働基準法は適応されず、工数管理(作業にかかる時間)や業務管理は自身で行うことになります。一方で、雇用契約の場合は、社会保険などは加入することになるケースが多いです。そのため勤務形態により比較すると手続きがそれぞれ違うのがポイントです。

業務範囲

業務範囲は、フリーランスの場合は事務作業も含めてサポートなしですべて自分で行います。それに対して派遣や契約の場合は事務処理をすべて代行してもらえます。個人事業主は実績がありスキルアップをしたいなら高い報酬を期待して狙ったほうがいいです。勤務環境もフリーランスなら週数回のリモート制度など選べます。スキルが足りない場合ほど不安定で給料も少ないうえに保険がないケースもあります。

社会保険

フリーランスの場合は個人で国民健康保険や年金に加入しなければならず、自己負担になります。派遣や契約の場合は社会保険に加入することになり、半分をエージェント会社が負担してくれます。一般的にフリーランスは所得税など税金は自分で処理します。一定額超えると確定申告が必要です。

交通費負担

交通費などは契約社員の場合のみ、組織に所属するため派遣元から支給してくれる場合があります。ただし派遣やフリーランスの場合はすべて自己負担になります。福利厚生などは契約社員が最も充実しています。

指揮命令権はどこにあるのか?

指揮命令権は契約形態や、現場の意向によっても差が出ることがあります。そのためここでは一般論として語っていきます。フリーランスの場合委任契約があります。契約や派遣の場合は雇用契約に記載されています。契約には開発内容、定義、手当、責任など各種明確に書かれています。

フリーランスの場合

フリーランスの場合には、指揮監督・命令権が依頼する企業にありません。フリーランスに対して以下のようなことが禁じられています。フリーランスに対して、このような指示を出すと法令違反となります。ただし、事前に業務委託契約の中で明記されていれば、問題なく適用されます。

  • 労働時間の指定
  • 労働場所の指定
  • 仕事の進め方の指定

派遣社員、契約社員の場合

派遣の場合には、派遣先が自由に指揮監督・命令できます。この違いから、エンジニアやデザイナーなど何らかの成果物が発生する職務ではフリーランス、経理や総務など他部署と関わるバックオフィス業務などには派遣が活用されるケースが多いです。

納税方法の違い

フリーランスは毎年、自分で確定申告をして納税をします。これに対して派遣や契約の場合は、派遣会社が年末調整を行う時点で雇用されていれば、会社側で対応してくれることがあります。自分ですべてやりたい場合はフリーランス、それが嫌なら派遣や契約を選ぶのもいいでしょう。

トラブルが起こった場合の対応

契約回りでトラブルが起こることもあります。たとえば、報酬が契約書通りではない場合、契約期間が終わったのになぜか就業させられた、さらには自分が辞めたいけど全く交渉に応じてくれないなどがあります。

フリーランス

フリーランスの場合は、フリーランスエージェントに相談、もしくは自分自身がクライアントと相談することになりますが、これはどのような契約をしているのかをまずは確認をしてみましょう。そこから対策を練ることになります。トラブルが起こった際は以下の記事で紹介している退職代行サービスもあります。退職代行サービスとは、フリーランスも使えますので、検討の余地があります。

契約社員・派遣社員

雇用契約を確認するようにしてください。派遣の場合は派遣会社と相談をするようにしましょう。契約の場合は契約している会社と相談をすることになります。トラブルが起こった際は以下の記事で紹介している退職代行サービスもあります。退職代行サービスは契約や派遣でも申し込みが可能となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました