フリーランスITエンジニア:データベースエンジニアの需要、将来性について 今後のキャリアパスと資格を解説

Freelance

データベースエンジニアの将来性、需要、仕事内容について解説をします。データベースエンジニアはITエンジニアの中でも比較的報酬が高いことで知られているため、転身する方は多いです。そこでデータベースエンジニアはどれくらいの年収になるのでしょうか。

データベースエンジニアの年収相場

データベースエンジニアの年収相場はMidworksによると、比較的高いことが分かります。データベースエンジニアの場合は500~1000万円程度であり、スキル次第になりますが、高めであることが分かります。ただし、データベースエンジニアはスキルが大事なので、年収はスキル次第でいくらでも変わっていきます。そのため、ここはエンジニア次第になります。スキルが足りないと、そもそも収入が安定しないという事態を生むことになるのです。

Source : Midworks

また、これはデータベースエンジニアに限らず、すべてのエンジニアの傾向ですが、スキルが熟練の域に達する50代あたりになると年収は高くなります。50代になると、年収が一番高い絶頂を迎えていることがわかるでしょう。ITエンジニアはあくまでスキルが大事であることを物語っているのです。ミドル世代になると経験を活用してコンサルタントになる方もいますが、重要なのは高まったスキルをいかにいかすかが今後を生きる方法として重要です。

インフラ分野の経験

現状ネットワークエンジニアができるとさらに重宝されます。一般的にインフラ分野が全般的にできると言う評価も受けやすくなります。単価もあがり市場価値も上がります。データベーススペシャリスト試験など資格もあるとさらによいです。豊富なポジション、案件の中から有利に仕事探しができます。ただの支援の担当だけで終わるのは勿体ないです。国内の大手などへいけば専門の持つスキルを活かせる仕事も多数あります。

プログラミング言語の素養

付加価値がつけられるとしたら基礎プログラミング言語の素養です。適性や向上心によりますがjava、pythonなど最新分野のシステム開発ができたり、幅広い働きかたもできるようになります。常に人材も足りないのでビジネスで人材としての価値を高めることになり活躍できます。常にwebで情報を収集して扱うスキルや環境を増やしてみましょう。市場の価値が高まり仕事を探す条件も良くなりますので役立つことになります。

マネージャー経験の有無

基本プロジェクトマネージャー経験はあると専門知識を活かせるので優遇されます。役割としても給料は高くなりやすいです。マネジメントができると難しい相談、交渉もできるようになります。新しい提案ができるようになると将来コンサルティングの道ももちろん生まれてきます。ツールや言語など欠かせないスキルは少ないですが非常に募集は多く、検討する価値はあります。専門性のある実務や工程を学ぶより経営などで成功したい方に向いています。

データベースエンジニアの仕事の特徴

データベースエンジニアのフリーランスは以下のような仕事の特徴があります。転職サービスで転職をしても独立をしても、以下の点は常に求められます。企業の求めるスキルとしてはプロジェクトにおいてセキュリティやシステム構築と保守、さらには課題分析をして解決に導くこと。領域によっては機械学習やAI、大規模なビッグデータの分析技術も求められます。

勤務形態

データベースエンジニアの仕事は、基本的に常駐案件がメインになります。これは運用に偏れば偏るほど、メンテナンスを行う必要があり、現場へ赴く可能性が高いです。そのため、在宅メインがいいのであれば、プログラマーなどが適任と言えるでしょう。データベースエンジニアの場合はどうしても物理的な対応が必要になるため、どうしても現地に行かなければならない点があります。

案件の種類

データベースエンジニアの仕事内容は開発・設計、管理、運用の3つの物があります。開発は依頼者がどんなデータをどのように管理したいのかをヒアリングし、最適なデータベースのデザインを設計します。管理は長期に渡って大量のデータを保存するためのストレージサーバーを最適化したり、データを取り出す処理を効率化させるチューニングを行います。運用業務には、稼動しているデータベースへのアクセス権限の管理やパフォーマンスの監視、データのバックアップなどが挙げられます。

求人動向

データベースエンジニアの求人は多めにあることが分かっていますが、これはエージェント会社にもよります。たとえばITプロパートナーズであれば、200件近くのデータベースエンジニアの案件があります。また求人の共通点として挙げられるのはコミュニケーション能力。データベースで管理する情報は多岐に及ぶため、クライアントや社内の関係者とコミュニケーションを取る機会が多いです。

データベースエンジニアの必須スキル

データベースエンジニアとしてやっていくためにはデータベース自体の構造に対する理解は絶対に必要です。また、設計・開発を行うには「Oracle」「Microsoft SQL Server」「MySQL」などは必須知識と思っておいていいでしょう。これらのスキルがないと、大半の仕事にそもそも応募すらできないという事態になってしまいます。

データベースエンジニアの今後

データベースエンジニアの場合は、これからも仕事の受注は増えていく見込みだと言われています。これはそもそもITエンジニア自体が人手不足であることから、供給が追い付かず、需要が拡大しているからです。しかしそうはいってもクライアントも一定スキルは必ず求めるため、スキルのないエンジニアは苦労していくことが予想されます。最低でもOracleやSQL Serverなどの知識は必須になりますので覚えておきましょう。

将来性はある?

データベースエンジニアの場合は求人自体が増えることがありませんが、減ることもありません。これはインフラを支えるエンジニアとなるため、一定の需要は維持し続けられると言われているのです。システムの基盤がだんだんクラウドに移行していっていますが、仮にそうなったとしても需要自体が消滅するわけではありません。

キャリアパス

キャリアパスとして、考えられるのは先ず運用の簡単なところからキャリアがスタートします。そのあと慣れてからは設計をするようになるというのが一般的な流れです。そのあとは、スペシャリストとなるのか、転身するのか、もしくはマネージャーとなるのかと言う選択肢が残ってきます。ここからは個人の考え次第となるでしょう。

データベースエンジニアの関連資格

データベースエンジニアの資格としては以下のようなものが代表的なものになります。データベースのスペシャリストになりたい場合はぜひ適切な資格の取得をしておきましょう。IPAの資格以外にもそれぞれ仕事で扱えるうえに活かしていけるものがあります。気になったものがあればまずは目指す前に調べてみましょう。

データベーススペシャリスト

独立行政法人情報処理推進機構が行っている情報処理技術者試験の中の試験区分の一つ。試験内容はデータベース管理者やインフラの知識を問うものとなっております。試験は午前問・午後問に分かれており、午前問の出題内容は基本情報技術者、応用情報技術者と重複する内容が出題されます。

ORACLE MASTER

ORACLE MASTERはOracle社のベンダー試験となり、受験料が高いですがとても認知度の高い試験となります。試験はSQLの知識全般が問われます。またグレードがありBronze、Silver、Goldという難易度別に試験があります。

AWS Certified Database

AWS Certified DatabaseはAWSでのリレーショナルデータベースやNoSQLデータベースを取り扱う知識やスキルが問われるAWSの認定資格です。AWSは今の時代ではよく使いますので、AWSについての知識を身につけておいた方が業務では絶対に役に立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました