フリーランスITエンジニア:フリーランスの人口と未来予測、需要

Freelance

フリーランスITエンジニアは日本では増えてきていると言われています。これは仕事の需要がどんどん増えているにもかかわらず、供給不足に陥っているのが原因の一つです。それでは実際にフリーランスは現在どのくらいいるのでしょうか。

フリーランスの人口

ランサーズの発表によると、2021年のフリーランスとして活動している方は1600万人です。この数は全労働人口の24%を占めることになり、4人に1人はフリーランスとして活動していることが分かります。フリーランスの経済規模についても昨年から約10兆円増加して28兆円と、急増しています。これはフリーランス人口とともに、過去最大の増加率となっています。

Source : ランサーズ、『フリーランス実態調査 2021』を発表|ランサーズ株式会社のプレスリリース (prtimes.jp)

フリーランスは増えすぎ?

なぜ、日本のフリーランス人口がこれほどまでに急増したのでしょうか。

需要と供給のバランス崩壊

IT業界は、人を使い捨てにする文化が根付いていました。そのことから若年層はIT業界を避ける傾向にあり、それによって需要に傾きすぎて、技術者の供給が追い付かなくなりました。これによって、労働者はいくらでも仕事を選べる状態になり、敢えて会社員をする意味もなくなり、フリーランスに転身した人も多いのです。フリーランスに転身すれば利益をすべて総取りできます。

副業解禁

近年日本政府は副業推進をしています。2017年に閣議決定された「働き方改革実行計画」によって、テレワークや副業、兼業など、自由な働き方が認められるようになりました。これによってIT業界のようなある程度オープンな業界ほど副業を推進することになり、フリーランスを始めたエンジニアがとても多くいるのです。

テレワークの普及

新型コロナウイルスの流行に伴う出社制限により、2020年春頃からテレワークが急速に普及。休日の外出自粛や休職なども伴い、空き時間の活用や働き方の見直しを行う人が増加しました。これによってフリーランスに手を出すエンジニアは急増しており、空いた時間を使って内職をしていく人も増えて行っているのです。

エージェントの増加

企業側にも時代の流れと言うべきか、色々動きが起こっています。人件費を変動費に計上したいニーズが拡大しており、必要な時だけ人を雇いたい会社が増えました。それによりフリーランス採用ニーズが高まったことから、発注者と労働者をマッチングさせる支援企業が増加しています。

フリーランスの未来予測、需要

今後フリーランスはどのようになっていくのでしょうか。

人手不足は改善せず

ITエンジニアの人材不足は今後10年後を見据えても改善する兆しは一切ありません。これは人材を使い捨てにしてきた企業側の自業自得でもありますが、これにより人手不足はより深刻になっていくと思われ、フリーランスに転身していく人が今後も急増する可能性を示唆していることにもなります。企業側では臨機応変に参加して即戦力となるフリーランスの需要が、増大しているのです。

AI(ChatGPTなど)の台頭

フリーランスにとって未来は明るいものばかりではありません。AIの台頭にも気を付けなければなりません。ChatGPTなどを見ればわかる通り、近い将来シンギュラリティは起こり、AIが人間を超えていきます。その時に簡単な仕事は消えていきます。テスターやシステム監視のような簡単な仕事に甘んじているととても危険です。

仕事の取り合い

フリーランスは今後も急増していくと思われ、仕事の取り合いが局所的に起こる可能性があります。そんなときに取りこぼしをしてしまうのはスキル不足のエンジニアです。もし今の自分にスキルが足りないと思うのであれば、何らかの強みを身に付けておかなければなりません。今後もIT業界は人手不足ですが、スキルに強みがないと、報酬は上がらず、あなた自身が困窮していく可能性があります。

10年後もフリーランスでやっていけるスキル

フリーランスエンジニアが10年後もやっていけると思われるスキルをピックアップしました。

Web開発

Webのシステム開発はこれからも中心になっていきます。インターネット市場は拡大するばかりで、すべての産業がネットで商売を始めるようになっています。ECサイト、Webアプリなどで使われるシステムの設計・開発・運用・保守を行う仕事は今後もなくなる可能性はありません。ネットワークの拡大やスマホユーザーの増加によって、Webアプリを使うユーザーが増え続けています。

機械学習エンジニア

機械学習エンジニア、もっといってしまえばデータサイエンティストの仕事はなくなることはないでしょう。AI化されていくことになる世の中ですが、AIを作成することが出来る機械学習エンジニアも将来の需要はかなり高いです。AIの元を作成するわけですから、その職業の人たちが失業することはまずないでしょう。高度なプログラミング能力とアルゴリズムを理解する能力が問われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました