フリーランスITエンジニア:学歴は関係ある? 中卒 高卒 大卒 本当に就活に必要か解説

Freelance

ITエンジニアとしてキャリアを築いたエンジニアがフリーランスになる場合、学歴は関係あるのでしょうか?エンジニアと言うと、数学や統計学の専攻でなければ仕事ができないイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?本当に人材には学歴は必要?目指す人たち向けに解説をしています。

IT企業の採用に学歴は本当に関係ある?

結論から話すとフリーランスエンジニアになるために学歴はまったく必要ないです。これは日本独特の現象が関係しています。日本のフリーランスの場合、中卒や高卒でも活躍している方が多数いますので安心してください。企業の採用の内容においてはそれほど重視されていません。転職を考えている方も参考にしてみてください。新卒就活だとしても重要なのはもちろん技術と知識。大学の専門なら求められるでしょうが、どのみち入社してからは同じ立ち位置で、現在の成果次第です。

学歴はほぼ求められない

実際にフリーランスとして活動してみるとわかりますが、学歴が大きな利点になることが少ないです。フリーランスで重要なのは学歴よりも実績やスキルです。これはフリーランスエンジニアに限らず、フリーランスで活躍する人全般に言えることでしょう。実績やスキルさえあれば、低学歴だとしても活躍するチャンスは多くあります。高学歴で大企業勤務でもスキルがない方も多くいます。問題は人材として市場で学んで成長できるかどうか。実力主義、コミュニケーション能力のほうが本当に重要です。

学歴はほぼ不問

実際にフリーランスとして活動してみるとわかりますが、案件情報には「統計学の専攻」や「数学の学位」などを条件にしているプロジェクトはほとんどありません。就職活動の場合は学歴を求めるケースはよくありますが、フリーランスの場合はほぼありません。フリーランスエンジニアに対して学歴はほぼ不問と考えて差し支えないでしょう。文系、スクール出身だとしても実力、意欲、努力で評価は上がります。目指しているものがないと理系でも基本、苦しみます。

学歴よりも能力

フリーランスのITエンジニアは学歴よりももっと大事なものがあり、それはスキルになります。大事なのはとにかくスキルで、実務ができるかどうかが一番大事です。フリーランスエンジニアは学歴よりもスキルシートや参画してきた案件で判断されます。可能ならば学歴はあるほうが良いくらいのレベルでしかありません。就職だとしてもたくさんあるSEの募集掲載をみても学歴は影響が小さく、学生の内定は有名大学の存在ではなく意欲重視が多いです。

フリーランスが身につけるべきスキル

フリーランスのエンジニアは以上のように学歴にそれ程固執する必要性が一切ないのです。それよりも大事なことがあります。それが以下の点です。これらが欠けているとエンジニアとして活躍するチャンスはほとんどないでしょう。以下の点はクライアントが重視している点でもあります。

実務経験

最も重要視されることは実務経験です。豊富な経験を積んでいるフリーランスエンジニアは、需要が高いと言えるでしょう。フリーランスで実務経験が乏しい場合は、まず簡単な業務から実績を積んでいって、ステップアップしていくことを狙ったほうがいいです。面接でも基本的に分野やアプリなどの成果や興味を問われます。

技術力

フリーランスとして必要なスキルは、技術力です。特にこれはプログラマーのような職人の職種になればなるほど、能力差がかなり出てきます。凡人プログラマー100人よりも一人の天才プログラマーのほうが仕事ができるような世界です。フリーランスとして生きていくためには、ベースとなる技術力が一番大事です。技術力を持つフリーランスは、いろいろな案件が舞い込みやすく、単価も高いのです。

資格取得

日本では資格の保有が重要視される場面があります。フリーランスエンジニアにおいても資格にチャレンジしてみるようにしましょう。資格を取得できれば、それだけクライアントへのアピールポイントとなります。学び合っていけるかという意欲もIT企業では重視されます。学歴フィルターよりは資格フィルターのほうがかかりやすいです。大学院へ行っているか?よりもポートフォリオ、ポテンシャルが重要。

交渉力

フリーランスのエンジニアとして仕事をしていくにあたって必須となるのが交渉力です。これは仕事の量を調整するための交渉、単価交渉、さらにはクライアントとの交渉術などが挙げられます。交渉をする力がないとなかなかフリーランスとしてやっていくことが難しいです。フリーランスのエージェントであれば不安や心配なら相談してもらえるので活用しましょう。

学歴が求められるケース

フリーランスのエンジニアにおいて、学歴が求められるケースは以下になります。スキルアップが基本であり、人手不足なのであれもこれも求められるケースは多くありません。社会人としての素養、基礎の業務遂行能力、個人ではなくチームとして働ける人であればフリーランスはやっていける可能性は高いです。

クライアントの要望

ごくわずかなクライアントですが、古風な会社の場合は業務委託先の学歴をチェックすることがあります。細かい会社になると、学部まで要求してきます。数学、物理などの学科だとOKなどと言うケースがありますのでこれはクライアントによるとしか言いようがありません。

スキルシート

これはフリーランスのエージェントなどが持っているスキルシートの中で学歴を記載しなければならないケースがあります。しかしこれは求められていると言っても記載を求められているのであり、実際の学歴が必須であるという要求をしているわけではないので安心しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました