フリーランスITエンジニア:70代のプログラマーは現役で活躍可能? 70歳の人生

Freelance

エンジニア、プログラマーというと、ある一定の年齢を過ぎるとなかなか働いていけないイメージがあるかもしれません。しかし人間自体が徐々に不老長寿化していることは明らかで今後は70歳を過ぎても現役で働くプログラマーが出てくるでしょう。高齢プログラマーはどのような職場で活躍できるでしょうか?

不老長寿化する人間

下記の記事でも紹介した通り、人間は徐々に不老化をしており、人生が100年を超える時代がすぐそこまで来ています。人間の限界年齢は120年程度と言われており、今後医療の発展により、さらなる寿命の延長が見込まれているのです。プログラマーも高齢になっても働ける人が増えていくことが予想されます。昔と比べても60歳を過ぎても現役として働いている労働者はとても多くなっているのです。

シニア層でもIT人材は需要がある

シニア層でも需要があります。これは業界の人手不足が影響しています。デジタル化が進み、スマートフォンも普及した世界で需要は高まっており、20代の開発者だけでは世界は回らなくなっています。講師などからサポートを受けながらでも楽しくチャレンジしていくシニア層はたくさんいます。続けることは可能です。環境によるのですが、70歳の前後の世代でも活躍している人材はいます。お金のやりくりに苦労している人ほど必死さがありさまざまなキャリアで成功していきます。

パソコン技術を習得する人も増えている

パソコンでこれから技術を習得していくシニア層もいます。東京に仕事は集中していますが、リモートワークも普及しているため地方在住の方にもチャンスがあります。web企業などから、仕事をもらって仕事をしている方は多いです。本などを読んで、AIやアプリのコンテンツを制作にチャレンジする人は増えており、業務をして働き、活躍する人が特集ページなどで組まれることも目にしています。

70代の技術者の需要

現在では一般の正社員で70代を過ぎて働いている方はいませんが、フリーランスやパート雇用であれば、活躍している方がいるのは事実です。つまり技術者は体に障害が起こらない限り、高齢になっても働くことができます。日本のエンジニアの場合、どのような職場で働けるチャンスがあるのか?それは以下のような職場になるでしょう。

汎用機開発

むかしながらのCOBOLを使った開発現場は高齢者がとても多い職場です。主力となる世代は50代から60代が多く、ほとんどが高齢者です。そのため70代であったとしてもこのような職場であれば働けるチャンスは十分あるでしょう。COBOLの経験が長い方であれば、恐らくそれ程ハードルは高くありません。むしろ若手が皆無な職場なので、とても溶け込みやすい現場でもあります。

組み込み開発

C言語やアセンブラ言語などを使用した組み込み開発の現場も高齢者の比率が比較的多い職場になります。C言語などはそもそも1900年代の言語でもあるため、使い手も40代から50代以上の年代がとても多いのです。C言語はいまだに商業の世界でも主力であり続けているため、十分やっていくことが可能になります。高齢者であったとしても、これらの現場はとても需要がありますのでチャンスがあります。

年齢が影響するリスク

もちろん高齢エンジニアの場合はリスクも伴います。若手エンジニアと比べると高齢エンジニアに対しては求められるものや自分の体力面などを加味して仕事探しをしなければなりません。基本は契約するまでが大変ですが、社会でも高齢者が働く傾向、状況にありますので、比較的運営会社も寛容になっています。仕事はそれほど選ぶことはできませんが、人材が不足している業界でもあるので、簡単にチャレンジできます。

体力の衰え

すべての職業にも通じますが、年齢を重ねるにつれて体力は確実に落ちていきます。また体力の衰えに伴い病気にもかかりやすくなってしまいますので普段の体調管理はしっかりしなければなりません。若いころのように長い時間作業が続けられなかったり、普段起こらないミスをしてしまったりなど、思わぬ躓きが多くなります。

年齢制限がある場合

仕事の中には年齢制限がある場合もあります。高齢者にはあまり仕事の質を担保しきれないというのが現実です。クライアント側の希望する年齢制限に引っかかってしまえば仕事を受注できないため、年齢が影響する理由と言われていますが、上記で挙げた業界で絞ればチャンスが全くないわけでもありません。

新しい技術の取得

エンジニア業界は技術が重視される仕事なので、時代が進めば新しい技術が進み、ついていけなくなる可能性が高いです。特に年齢を重ねてしまうと、新しいものに対する吸収力が落ちていきます。新しい技術を覚えられなければ、仕事で成果をあげるのは難しくなるため受注が難しくなる場合があります。

マネージメント能力

エンジニアは年齢を重ねるとマネージメント能力を求められる可能性も高いです。いわゆる作業員として淡々と仕事をしているだけでは難しいケースが多くあります。技術だけでなく、チームを管理するマネージメント能力も必要になるのです。

フリーランスエージェントを活用

これからスキルアップをしたいと考えている方はフリーランスエージェントに登録してみることをお勧めします。案件の数がとても膨大にあるため、これからスキルアップをしていくことも可能になります。これからの時代を生きていくために色々なスキルを身に着けていくことが望まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました