フリーランスITエンジニア:フリーランスプログラマーが楽しすぎる? 実態を解説

Freelance

フリーランスの人は本当楽しすぎ?大変すぎる?特徴を記事として解説します。フリーランスのエンジニアは増えすぎと言われていますが、現状人手不足であり、今後も改善される見込みは一切ありません。フリーランスはなんといっても自由なので、これが好きな方には独立したほうがいいでしょう。

フリーランスが楽しすぎる理由

フリーランスのエンジニアは増えていく傾向にありますが、今後も増えていくことが予想されます。フリーランスになるとどのような楽しみがあるのでしょうか?環境、使っているサービスなどにより意見は分かれるでしょう。知識を活かして転職していくよりは楽しんでいる方が多いです。ビジネスで大きな成功をしている方は以下のような魅力を感じている方が多いです。

自由であること

フリーランスの最大のメリットは自由であるということでしょう。拘束時間もないので、自分の好きな時に対応して働くことが実現可能なので良いです。仕事する時間が自由なので、自分次第になります。休憩の時間とタイミングや作業の時間とタイミングも大切な休みは好きなように選ぶことができます。一方の会社員の場合、どんなに仕事が早く終わってヒマでも、なかなか早く帰れません。メンタルもやられてプライベートも充実しません。

人間関係が楽

フリーランスの場合は人間関係が楽になります。どこの会社の退職理由でも圧倒的な理由として人間関係を挙げることがとても多いです。一方フリーランスは、働く相手を選べます。合わないと思ったら、その後は仕事の受注を断れば終わるためとても気楽になります。注意点としては専門の仕事は納期があるので、ここだけは死守しなければなりません。依頼をある程度受けて、参加し続けるには日々、自己スキルを高めることに大きく傾いていきます。

収入が上がる

フリーランスのエンジニアは収入を大幅に上げることが可能です。フリーランスのエンジニアはスキル次第になりますが、自分次第でいくらでも年収を上げることが可能になります。一方で、会社員の場合は給与体系が決まっているため、昇給するのも大変で遅いことが大半になるでしょう。フリーランスは何でもOKです。仲間も見つけられますし、状況によっては本当に悩むことはありません。毎月の収入だけは不安定にになりやすいです。

自分で決断できる

フリーランスのエンジニアは自分で自分のキャリアを選択することができます。一方で、会社員は会社の意向によってやりたいことも制限されます。収入を伸ばしていくために、新たな勉強にチャレンジできるのがフリーランスの強みです。場所も好きに選べて稼げるため自由です。内容も自由ですし上司もないのでストレスすらありません。唯一の不安はお金でしょう。稼ぐことができず後悔する方もいます。

自分で事業を決められる

フリーランスのエンジニアは自分のやりたいことを徹底的にやることができます。会社員の場合は良くも悪くも会社の意向にすべて従わなければなりません。フリーランスのエンジニアは自分で自分のやる事業そのものを選択できるのです。今はwebやメディアでも簡単に発信ができて、楽しい仕事ができます。悩みも少ないし、同僚や先輩もいないので自由度も高いです。

フリーランスプログラマーが向いている人

フリーランスプログラマーが向いている人は以下のようなタイプになるでしょう。どれか一つでも当てはまる場合はとても適性があるといえるでしょう。業界でプログラム開発のプロジェクト獲得をしていくには以下のような点がポイントになります。興味がある方はフリーランスエージェントで無料相談などもしていますので聞いてみましょう。今後を考えるうえでポイントになります。

営業が好きな方

フリーランスのエンジニアは自分で自分の営業をしなければなりませんが、自力で営業することが好きな方はとても向いています。もしくは営業せずとも、コネクションがとても多くある方にはフリーランスのエンジニアは適性があります。フリーランスの人材にはさまざまなスキルが要求されます。技術だけではクライアント獲得は難しいです。アプリケーションの開発だけでなく、コミュニケーションなど複数スキルを身につけましょう。

自己完結するタイプ

フリーランスのエンジニアは営業も仕事も、経理もすべて一人で行うことになるでしょう。すべて自力でやりたいという方は会社員が苦痛でたまらないでしょう。フリーランスのエンジニアの中で自立心が強い方はとても充実感を感じているはずです。ノウハウを持って、やりがいを持っている方は成功します。スクールでシステム開発を学ぶ初心者もいます。楽しさを持っていると、業務委託の仕事を何個でも持てるようになります。趣味のような感覚になり、少し困難があっても満足できるわけです。

世間体を気にしない人

日本ではまだ「安定した企業に勤めてこそステータス」という全員同じと言う同調圧力があります。しかしこういった周囲の意見などをまったく気にしない方はフリーランスのエンジニアが向いています。色々な意味で周りに惑わされずにマイペースで働くことができます。ストレスフリーで孤独を感じない人も多いです。高収入の人は淡々と努力して成果を最短で出していきます。個人事業主の行動や生き方に最も向いています。向上心のある方がベストです。

スキルアップに積極的

プログラマーはスキルアップに積極的である必要があります。新しい言語、データベース、OSなど様々な勉強が必要ですが、これらを自分から積極的にやれる方はフリーランスに向いています。新しい技術を得ることで収入を上げることも可能になります。java,php,python,javascriptなどがしっかりできると単価も高くなり生活も楽ですし契約ももらいやすくなります。コードの学習はしておきましょう。能力をそれぞれ上げていく目標を立てることが重要です。多様な場面でライバルより上に行けます。

年収を大幅に上げたい方

フリーランスになる方で、かつスキルがある方であれば会社員よりもはるかに高い年収を安定させることが可能です。あくまでスキルがあることが条件になりますが、大幅に収入を上げることもできます。さらに掛け持ちも可能ですから、がつがつ働きたい方にお勧めです。毎日クラウドソーシングで1日個人で探すよりはコミュニティなど活用して探す方が良いです。コネがあれば突然得意な仕事が来ることもあります。

営業が辛い場合はエージェントがおすすめ

フリーランスになる場合は、営業をしなければなりませんが、辛い場合はエージェントがおすすめです。エージェントはあなたに代わって営業をしてくれますので待っているだけで仕事情報をもらうことが可能です。いくつかのエージェントに登録することをお勧めします。最近は自宅でもカフェでも仕事が集中できる環境になりましたので、挑戦しやすいです。資格も取得しながら始めるのが精神的な充実にもつながっていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました