フリーランスITエンジニア:コミュニティ、交流会 参加におすすめ11選

Freelance

フリーランスのエンジニア向けで人脈作りのためのおすすめのコミュニティを記事で紹介します。フリーランスは、自分の好きなように自由に仕事ができるのですが、ときにはその自由さが孤独に感じてしまったり、誰かに頼りたくなったりすることもあるでしょう。フリーランスとして働いているエンジニアはいつも孤独です。そこでコミュニティなどがおすすめです。情報交換が出来たりしますので有益です。

コミュニティとは? フリーランスの参加する意味

コミュニティとはフリーランスの交流を目的とした団体です。フリーランスの場合、どうしても身近に相談できる人や、スキルを磨ける機会がないこともありますので、コミュニティなどに所属することでスキルアップができますし、情報交換も可能です。コミュニティは当サイトでも宣伝しているフリーランスエージェントに登録することで、紹介してもらえるケースもあります。勉強会やイベントなどに積極的に参加することで、交友関係が広がり、悩みを共有してアドバイスがもらえる機会も増えていきます。

運営サービスはどんな会社なのか?

コミュニティを運営している会社と言うのはITの人材紹介会社であったり、個人事業主の経営するサロンのようなところが多いです。オンラインで参加できるようなコミュニティも多いですし、web業界のサービスの会社も多いですから、最新の環境で勉強会に参加できます。コワーキングスペースを使うこともあります。ビジネス上で向上心のある仲間を見つけることもできます。コミュニケーションを通じて大きなプロジェクトを受託できるかもしれません。

人材紹介にもなるし、人脈作りもできる

コミュニティを通じてエンジニアは役立ち情報の知識を身につけることもできますし、コネ、人脈を作ることも可能。マッチング支援をしているコミュニティもありますので、仕事探しにも活用可能。内容はあくまで勉強などですが、おまけで仕事探しにも向いているということです。資格勉強の仲間ができることもあります。トレンドなどを同士で話すことができますので情報交換が可能。クラウドソーシングやランサーズなどで単価の低い仕事を探すよりメリットがあるかもしれません。

異職種の仲間もできる

コミュニティにはエンジニアだけでなくコンサルタントやデザイナー、さらにはディレクターやマーケッターなども集まります。開発だけでなく他の職種と交流することで充実しておりモチベーションが上がることもあります。スクール等に行くよりも発見があるかもしれません。オンラインサロンとは違って、副業のつながりを見つけることもあります。専門技術の意見交換なども行われます。無料でリモートでも開催されるものもありコストパフォーマンスは良いです。

コミュニティを選ぶポイント

コミュニティを選ぶポイントは無料で活動ができるところがいいでしょう。有料よりは無料がいいです。さらには会員数が多いことや、会員になるためのハードルが低い所のほうがおすすめです。色々な人と関わることができるため、とても利点が多いです。コミュニティ内には、会員の交流だけでなくセミナーやイベント、福利厚生など、いろいろな機能があります。色々なイベントに参加したい方はそのコミュニティのイベント予定などもチェックしておくといいです。

おすすめのコミュニティ、交流会

以下のような交流会がありますので参加してみましょう。キャリアを構築するにあたって、意見交換は大事です。実績のある活躍しているエンジニアが集まる運営会社のコミュニティをまとめました。参加者にはデザインやクリエイターなども集まるので動画やイラストの話などもあるかもしれません。料金はどれも安く、サポートもしっかりしているところになります。一部では講座をやってます。

フリーランス協会

フリーランス協会はその名の通り、フリーランス全体に向けた情報発信をしています。フリーランスであれば本来受けることが難しい福利厚生ですが、フリーランス協会では会社員並みの福利厚生を提供しています。

Home

StockSunサロン

このサロンはフリーランス名鑑への登録を行ってもらえます。フリーランス名鑑へ登録されることでクライアントから直接依頼をもらえる場合があります。向上したいかたにはおすすめでつながることで、新規の独立したフリーランスの方と交流する機会が増えていくのが魅力です。独自のプラットフォームがあります。

Home

ゆるふり

このコミュニティは参考として福岡県限定です。ゆるふりに所属すると、福岡県内で行われるフリーランス向けのグループのイベントに参加できるようになります。また福岡県内の企業からの依頼を受けることもありますので仕事が欲しい人は情報収集の対策にもなります。他と比較しても地方に特化しています。

Home

ホームワーカーズコミュニティ

ここは事業として営業の代行を行っています。営業活動が得意でなく、業種として制作活動に集中したいという方におすすめです。コミュニティが主催のセミナーや講演などで講師として立たせてもらえることがあるため、今後の案件獲得にも役立つでしょう。入ることで輪が広がる形になり安心です。

Home

TECH PLAY

IT勉強会やイベント情報、キャリアアップのための情報を提供する会員制のサイトでメディアもあります。公式サイトでセミナーや展示会、コンベンションなど、ソフトウェアやテクノロジーに関連するイベントを見つけられます。同業者とそれぞれ集まるチャンスがあります。未経験でも数多く学べることがあります。

Home

Doorkeeper

ITエンジニア向けのイベントがかなり多く開催されています。イベントに参加してみたい方はこのコミュニティがおすすめで、セミナーなどが開催されています。メンバーがさまざまで初心者でも関係を気軽に構築していくことができます。豊富なコンテンツが用意されています。

Home

connpass

SNSと連携することで、イベントを公開したり参加したときにconnpassがSNS経由で知らせてくれます。エンジニア向けの勉強会などが開催されています。個人の方が集まってきます。これからつながりを広げたいと思う方は興味があれば参加するといいでしょう。

Home

Street academy

このコミュニティは勉強会の要素がとても強いです。人脈を広げるようなものではなく、講習のようなものがとても多いのが特徴です。

Home

OpenCU

ユーザーが企画したイベント情報を共有し交流することをメインとしたサイトです。会員間の交流を促進させる仕組みが整っています。

Home

FreelanceNow

このコミュニティは無料で仕事を紹介してもらえることがあります。案件の中には大手企業の物もあり、報酬の高いものまであります。

Home

新しい働き方LAB

多くのセミナーやワークショップに参加できます。交流会と言うよりはワークショップの意味合いがとても強いです。

Home

フリーランスエンジニアの特徴

フリーランスエンジニアはできるだけコミュニティに参加したほうがいいです。その理由は以下のようなことがあるからです。なかには手数料を取るところもありますが、もちろん経営者なども参加することがあり、繋がるチャンスになります。希望があれば資料など要求して積極的に参加を検討しましょう。クリエイティブな人たちとも出会えます。

引きこもりがち

フリーランスエンジニアのほとんどはニートのように部屋に閉じこもりがちになります。これは良くありません。色々な意味で閉鎖的になっていくからです。これが進行してしまうと周囲の意見も聞かないような人間になってしまいますので、たまには外の世界で空気を吸ってみることをお勧めします。

意見を吸収

フリーランスエンジニアのほとんどは引きこもってばかりですので、考え方も凝り固まってしまう方がとても多いです。しかしこのようなコミュニティに参加することで色々な意見や、考え方を知ることができます。そしてそれを吸収して仕事に活かすことも重要になってくるでしょう。

スキルアップ

このようなコミュニティに参加することでスキルアップを狙うこともできるようになります。いままでやったことのないことを見つけるいい機会にもなりますし、これをきっかけにさらなるスキルアップが見込める可能性があります。python、ruby、javaなどスキルを身につけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました