フリーランスITエンジニア:C言語プログラマーは時代遅れ?特徴、需要と将来性、メリット解説

Freelance

C言語の特徴、javaなどより人気が高い理由、メリットなどプログラミング言語について将来性、需要を解説します。実際のところC言語は20世紀に生まれた言語ですが、実は現在でも大きな需要が見込めるプログラミング言語でもあるのです。

C言語の歴史

C言語が古い言語として認識されるのは当たり前かもしれません。C言語が誕生したのは1972年のことでアメリカにて誕生したのです。計算機科学者のケン・トンプソンはすでに存在していたB言語の改良版としてC言語をリリースしたのです。Bの次がCですからとても簡単な理由で名前付けされたことが良くわかります。B言語と、改良版であるC言語の違いはデータの型が指定できるようになったことです。

C言語はハードウェアにとても忠実な言語であることからミドルウェア開発などではとても重宝され、今でも主力になっています。実は現代のプログラミング言語はC言語を使って開発されたケースが多いのです。アップル社が開発したObjective-CはC言語がルーツとなっています。またC++もC言語が基盤になっているのです。

C言語の特徴はどのようなものがあるのか?

C言語はとても歴史のある言語がゆえに時代遅れと言う指摘もあります。しかしそれでもなぜ使われ続けるのでしょうか?webサービスなどと比べてC言語は制御系にあたり難易度が高く、プログラミングの中でも高い知識、素養が問われます。産業、企業によってはWindows、LinuxなどのOSや、Javaなどアプリケーション開発もスキルとして要求してくるケースが多いです。学習が必須です。

汎用性が高い

C言語の強みは汎用性の高さ。C言語を使用して開発されているものは多くどのような開発であったとしても使えるのです。そのため、何でもできてしまうため、C言語は古くからエンジニアに愛され需要の高いプログラミング言語であることが分かります。

実行速度が速い

コンパイル方式を採用しているC言語は実行速度が速いです。通常はプログラムを実行しながら翻訳を行っていく、まるで同時通訳のように処理を行いますが、これは実行速度が低下します。しかしC言語はプログラム実行前に書いたコード全てを翻訳してからPCに理解させているため、実行速度が早くなります。

習得が難しい

プログラミング言語のなかでも、webなどのソフトウェア言語と比較して用途によりますがC言語の習得は難しいと言われています。特に構造体やポインタで挫折する方が際立っています。しかし習得できれば仕事に困ることはまずありません。C#やC++などの派生言語も主にできるようになります。これらとUNIXができれば無料の転職サービスを使えば就職や転職は簡単です。

C言語の平均年収

高い需要を誇るC言語ですが、市場ではどれくらいの価値なのでしょうか。まずはサラリーマンの年収を見てみましょう。プログラマーの年収は意外と低いことが良くわかります。正社員でも派遣社員でもそれほど高くありません。

Source : 求人ボックス

しかしフリーランスになると年収は大きく上がることになります。C言語のフリーランスにおける相場は月収60万~70万前後で、とても高く、年収でいえば700万前後にはなるでしょう。勿論この年収は、実務経験の想定が3年以上を指しています。未経験の場合や実務経験が浅い場合は苦労することになります。

C言語プログラマーの将来性はあるのか?

C言語はきわめて古い言語であることから、将来性を危惧する人が多くいます。実際のところ、C言語は今後も生きていけるのでしょうか?結論から行くと、やっていくことは十分可能です。C言語を必要とする分野の仕事は今後も減っていく見込みがありません。基幹システム、機械、家電、ロボット、ゲーム開発などのソフトウェア開発でも同様に活用され、転職も簡単にできます。

組み込み開発

C言語は機能としてハードウェアに対してとても忠実な命令をできる言語であることから、組み込み開発では必ず主力になる言語です。これからも基礎としてハードウェア開発という分野はAIよりもとても強いため、需要がなくなることはありません。初心者にとってはソフト環境で勉強するにはハードルは高いですが用いれば需要も高いです。幅広い機器で実績を積めます。

IoTシステム開発

IoTシステムの開発でもC言語は最適で重宝されています。今後の日本はIoT化された電子機器が普及しているコンシューマー、コネクテッドカーの需要の伸びが期待される自動車、航空宇宙分野の種類などで、特に高成長が予測されています。アプリなどより上記のこの分野でもC言語は活躍するでしょう。学ぶ価値はありますのでまずは相談してみるのもいいでしょう。

業務系システム開発

C言語は、業務系システム開発の需要もあります。業務系システム開発での管理でC言語使用率はとても高いため、これらの分野であれば非常に大きな需要があります。対応できるようになれば仕事を探すのは苦労しません。大規模な現場での需要もあり、これを目指すと豊富でさまざまな業務を行うことができますので役立ちます。

C言語プログラマーの需要

C言語プログラマーは古い言語であるため、中年以降の40代、50代がとても多いですが、需要はとても高い状態にあるため、自力で仕事をこなせるレベルであれば苦労することはありません。これから独立を考えている方はフリーランスエージェントを使うといいでしょう。複数の会社を利用すれば仕事が途切れることはまずありません。仕事量はこれからも減ることはあまり考えられないので、十分フリーランスとしてやっていくことが可能です。

案件数は横ばい

C言語は昔からある言語と言うこともあり、中年や高齢のエンジニアもいれば若手も多くいます。単価が高い案件は多いですが案件自体がとても多くあるわけでもありません。しかし全体的に単価が高いため、大きく稼げます。求人数も増えることもなければ減ることもありません。

C++

追加でC++もできると尚良いです。なぜならC言語の派生であり、併用されることも多いからです。付加価値が付きますので、仕事をするうえでかなり優位になります。経験値も2年~3年程度は積んでおくとかなり良いと言えます。高速処理が可能です。

求められるスキルはどんなものなのか?

C言語を活かしてこれからフリーランスになりたい方は以下のようなスキルを身に付けておかなければなりません。近年車や鉄道の開発プロジェクトだとC言語の需要は高く、あらゆるノウハウが溜まっていきます。東京都に仕事は集中してはいるものの、プログラマとしての価値はとても高いです。キャリアを構築する上で、案件獲得するためには方法として都市部がおすすめですがリモートも多くあります。

ポインタ

ポインタはC言語をやるうえでは絶対に必須のスキルになります。設計やソースコードをみてもポインタがないことはまずありません。ポインタは挫折してしまう人が多いのですが、これが分かっていないと、業務レベルでやっていくことは難しいです。メモリやカーネルなどハードウェアを選択して操作を目的に意識できるかどうかがポイントです。Cは機械語からコンパイラして翻訳します。

OS、フレームワーク、データベース

複雑なコンピューター製品を開発するプログラマーとしてやっていくにはプログラミング言語だけではやっていけませんので、OSやフレームワーク、さらにはデータベース操作もあり得ますので、一式できるようにしておくことがとても大事になってきます。事業で専門の技術が身に付くと、スムーズに働き、長く就業できます。

他のプログラミングスキル

他のプログラミングも得意であると尚良いです。C#はもちろんのことですが、トレンドであるjavascript、ruby、swift、objective-c、go、html、perlなど全体で数多くコーディングができればそれぞれ応用でき、組込み製品だけでもなく一般のアプリ開発でも活躍します。SQLももちろんしっかりできるようにしましょう。スキルが広がるのでいくらでも仕事があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました