フリーランスITエンジニア:PHPはオワコン? 現在の言語の需要と将来性 徹底解説

Freelance

PHPはJavaと並んで最もwebエンジニアの世界で将来性、需要のあるプログラミング言語でしょう。もうこの言語が登場してから20年以上経過していますが、かなり高い需要が続いています。今後、PHPの需要はさらに伸び続けていくものなのでしょうか?

PHPの歴史

PHPは2000年代にとても需要が伸びた言語ですが、誕生したのは実は古く、1994年のことになります。カナダ人のプログラマーであるラスマス・ラードフがこの言語を開発しました。PHPはC言語をベースに開発され、元々はラスマスがWeb上で公開している経歴書のアクセス履歴を調べる用途で開発されていました。しかしこの言語は商業的な需要が高まり、2000年代に入るとWeb業界においては最も需要の高い言語となったのです。特に1995年〜2000年の5年間にかけての需要の伸びはすさまじいものがあり、現在、実に様々なWebサービスがPHPで作られています。

PHPが時代遅れと言われる理由

PHPはwebサイト開発で歴史も長い言語であるがゆえに時代遅れと指摘する声もあります。その理由は以下のようなことがあるからです。初心者でも機能は使いやすいためwebサービス、サーバーサイドの中では主力となっていますが、pythonなど比較してほかに言語が豊富に出てきています。転職のキャリア採用でもpythonなどの市場価値が高まっており、サービスで実績のある方が採用されて活躍しています。人気ランキングでも上位には来ますが市場での価値は落ちている?かもしれません。

実行速度が遅い

PHPはインタープリタ型のプログラミング言語のため、コンパイラ型プログラミング言語に比べると、実行速度がとても遅い。インタープリタ型は、コンパイラをおこないながらプログラムを実行します。そのためコンパイラ型と比べるとどうしても実行速度が劣るわけです。

代替のプログラミング言語

Web系の言語は特に革新が速いと言われています。PHPはWeb開発に必要なプログラミング言語ですが、時代とともに新たなプログラミング言語が登場してきており、RubyやGoを使う企業が増えてきております。さらにはRubyはRuby on Railsというフレームワークを用いて効率的に開発できるため、PHPが終わるとも言われています。

PHPの平均年収はどれくらいなのか

参考として以下の集計は求人ボックスにおけるサラリーマン、派遣社員などの平均年収になりますのでまとめました。これを見ればわかる通り、ポイントとしてプログラマーの平均年収というのは大したことはありません。しかしこれがフリーランスになると話が変わります。

Source : 求人ボックス

PHPのフリーランスにおける平均単価は月収60万~70万前後になります。そのため年収にすると700万前後は狙えるようになるので、サラリーマンよりも大幅な年収アップになります。しかし注意点があり、それは実務経験がある程度あり、独力で仕事を進められるレベルであることが大事です。経験不足のまま、フリーランスになると、この月収になることはありません。

PHPプログラマーに求められるスキル

PHPプログラマーに求められるスキルは以下のようなものになります。最新プロジェクトにおいて非常に活用されるPHPですが、これから作業環境を学び習得していきたい方は以下の点に気を付けましょう。働き続けるため、案件獲得のために必要な素養になります。未経験でも専門領域を学ぶとこれらは現場で役立ちますので必要なら相談しましょう。調査すると保守などよりもPHPは無料転職サイトでも多数の求人がありますので、未経験でも成功するのは可能です。

OS、フレームワーク、データベース

プログラマーに求められるスキルとしてはプログラミング言語のコーディングだけではやっていけませんので、OSやフレームワーク、セキュリティ、さらにはデータベースに対する素養も必要になります。一式できるようになって、ようやく一人前として認識されるようになりますので、できるようにしておいたほうがいいでしょう。プログラムの文法や記述はシンプルで対応が簡単ですので他にも幅広いスキルに手を出しましょう。

Web業界の業務知識

動向としてPHPプログラミングで関与するシステムというのはだいたい決まっており、大規模というよりはWebアプリケーション、ECサイト構築、またはWebベースの業務システムなどになります。どれにおいてもWeb業界の業務知識があるとかなり仕事が楽になりますので、どちらもそれぞれ重要ですので理解して覚えておいた方がいいです。将来のために追加で資格の取得も視野に入れましょう。向上して高めることで仕事も増加していきます。

他のプログラミング言語の経験

フロントエンド、サーバーサイドなどアプリ開発において他のトレンドのプログラミング言語の経験があるとかなりさまざまな分野で活躍できます。すでにc#、javascriptなど基本いくつかできると個人で重宝され任せられるようになり、充実していき価値が圧倒的に高まります。複数できると大きく成長できますし、就職に不安がなくなります。

PHPの将来性

PHPの将来性は極めて明るいものになります。これは会社員であろうと、フリーランスであろうと、同様になります。PHPはWeb上で動くシステムになりますが、どの分野、業界でも需要があるため、仕事に困ることはまずなくなります。ただしPHPだけでやっていくことは難しいでしょう。Web上で動作するプログラムの開発には、PHPだけでなくHTMLやCSS、JavaScript、MySQLなどの多くの関連する技術があります。そのため、関連する技術の習得も必須条件になってくるからです。

求人は減少傾向

ただし懸念事項もあります。実は年々PHPの求人は減り始めている傾向にあります。いまだに高い需要を維持できているのですが、ウェブ業界の場合は、革新も早い世界なので、ずっと高い需要を維持することは難しい可能性もあります。

他言語にシェアを奪われる

上記でも説明した通り他言語にシェアを奪われる可能性もあります。他言語におけるWeb開発のサポートが拡大してきており、従来のPHPの聖域が侵食されてきていることも事実です。今後他の言語がどんどん機能拡張を続ければピンチになる可能性はあります。

スマホアプリやAI

スマホアプリやAIと言った分野にはPHPには向いていません。PHPはWebアプリの開発に特化した言語であるからです。スマホアプリやAIはまさに今全盛期の分野です。PHPは既存のWeb周りの需要を維持していくことになりますが、今後他の言語がどんどん機能拡張を続ければ今の需要を維持できない可能性があります。

PHPプログラマーの需要

PHPプログラマーの需要は極めて高いです。それも世界中で需要がとても高い状態にあるため、外国で仕事をする方もいます。PHPはフリーランスになったとしても案件数が膨大にあるため、比較的簡単に仕事を見つけることが可能です。フリーランスのエージェント会社に数社登録しておけば、仕事に困るということはまずありません。PHPの仕事は長期の案件が多いため、年収も安定しやすいですので、フリーランスはとてもおすすめです。

PHPが使われているシステム

PHPが使われているシステムはとても多いです。というのもいままでたくさんのシステムがPHPで開発されたから。そのため運用の仕事でもPHPがよく出てきます。新しい言語と比べ、ある程度歴史があり、使い手も多いことから、需要は依然と高いままです。

WordPress

WordPressはPHPで作成されました。現在、Webでは40%以上もWordPressが使用されていると言われておりこの高い需要に変化が来ない限り、PHPの需要が減る可能性はありません。

習得が簡単

PHPはプログラミング言語の経験がない方でも比較的習得が簡単で、数か月でもうコードがかけるようになってしまいます。インタプリタ言語であるため、動作確認や修正が容易で学習がとてもしやすいため、使い手は減ることがありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました