フリーランスITエンジニア:独立で失敗する人の特徴 事前対策を解説

Freelance

独立してフリーランスで失敗する人の特徴と事前対策を記事で紹介して解説します。フリーランスのエンジニアというのは高単価の仕事がとても多いことで知られています。しかしある理由により、クビになると言うことが良くある世界でもあります。一体どのような理由が考えられるのでしょうか?そのパターンを説明していきます。

フリーランスエンジニアがクビになる原因

フリーランスのエンジニアはクビになる事例がそこそこあります。これは実は稀な例ではなく、良く起こることなので、気を付ける必要があります。これから働きたいと思っているエンジニアは参考にしてもらえればと思います。では実際のところ、どのような原因があるのでしょうか。案件の獲得のさいに知らなかったこともありますし、会社員だとしても起こりうるような原因があります。

予算削減のため

予算削減のためと言う理由があります。フリーランスのエンジニアはあくまで雇われの身でしかありません。プロジェクトの予算などが削減されることが良くあります。これがどんな結果をもたらすかと言うと、人員の削減処置が施されるのです。人員削除になる場合、フリーランスのような身分が切られやすい一面があります。これにより、フリーランスのエンジニアは契約更新がされずそのまま終了と言うパターンになります。このパターンはエンジニアからしても何も対策を打つことができませんので、どうにもなりません。

スキル不足

スキル不足のパターンは実務経験が浅いエンジニアが良くあるパターンになります。これはある職務に対して任せようと考えていた業務をエンジニアがこなすことができず、他のエンジニアのリソースも割いてしまうことで、業務に遅延が起こってしまうケースです。これによりプロジェクトマネージャーは他の人員を探し出して、使えないエンジニアを契約終了にさせてしまうことがあります。これは個人パフォーマンスを重視する現場であったり、周りの人が圧倒的なスキルを持っている場合は比較対象が自分自身の実力と釣り合っていないことがあるため、クビになりやすくなります。

いじめやパワハラ

エンジニアがいじめやパワハラ、あるいはセクハラなどを行った場合は、契約途中でも契約終了になるケースが多いです。こんな例はまれですが、たまに見ることもあります。IT系の場合は陰湿ないじめが多いため、精神的な面で苦痛を与えるような嫌がらせが多いです。この場合は、問題を起こした人間が追放される傾向にあります。管理が全くできてないプロジェクトは危険です。マネージャーに時間すらない忙しいプロジェクトもこうなる傾向にあります。これらは生活にも支障をきたすことになります。

案件終了に伴う契約終了

これはプロジェクト自体が終了になることにより、エンジニアの契約も終了するパターンです。このパターンはクビになるわけではないので、あまり気にすることはありません。終了する少し前、もしくは後で通知が来ます。そのため企業はサービス終了に伴って不要になった職種から契約を終了させていきます。報酬が止まって不安なら裏でキャリア相談なり、副業なりしておくことをおすすめします。複数の数の仕事を自身で持っていればそんなに困りません。実績があれば営業してすぐに次の参画が決まります。

素行不良や勤怠に問題がある場合

自分の勤怠に問題があり、遅刻や欠勤ばかりであったり、仲間に対して迷惑をかけ続けた場合は、契約解除のリスクがあります。自己で思いあたる節があれば注意です。開発の納期まで安定したパフォーマンスを見せられなかったりすると、信頼を失って継続して働くことができなくなります。事前に気づいたなら、人脈を使って次へ向けて準備が少なくとも必要です。続けることは難しいでしょう。

なぜスキルミスマッチが生まれるのか?

クビになる原因としてスキル不足と言うものがあります。これは以下のような原因があることによって起こってしまうのです。これからフリーランスとして働くことを検討しているエンジニアは新しい対策を立てておくことをお勧めします。

リモートワークの場合に起こること

リモートワークの場合はコミュニケーション不足による進捗の遅れなどが発生する恐れがあります。良いパフォーマンスを見せてても、意思疎通が上手くいかずと言うケースがあります。せっかく仕事を引き受けたのにうまくいかない、希望する仕事ができない、依頼が来ないなどと言う問題も起こるようになります。サポートがあるかどうかが重要になるでしょう。クラウドソーシングなどで引き受けるとこのパターンがあるようです。支払いもしてくれず打ち切りされるケースもあるようです。

虚偽の申告

これはエンジニア側による虚偽の申告がパターンの一つ目としてあります。本当はできないことをできると断言してしまったり、経験したこともないことを経験したということにしてしまうなど。スキルシートを盛りすぎて、クライアントを騙してしまうと言うパターンです。このパターンは現場に入ってからエンジニアが苦しむ展開にしかなりません。スキルに関しては、エンジニアは正直に申告をしなければならないです。ミスマッチが起こってしまうと、自分だけでなく周りのメンバーにも遅延が起こってしまうことがあります。

面談の問題

クライアントとの面談の問題も上げられます。これはいい加減なマネージャーなどが、応募者のスキルをちゃんと聞かずに聞き流してしまったり、とりあえず採用しておくか、と言う発想で何も考えず要員をプロジェクトに投入してしまう例が稀にあるのです。それ以外にも、ちゃんと業務で必須となるスキルの部分を面談で確認をしていなかったりするパターンもあります。この手のパターンはクライアント側に問題があります。

面談者が何もわかっていない

これは応募者からするとどうにもならないのですが、面談者となるクライアント側の代表者が、現場レベルの仕事の内容をそもそもわかっていない場合があり、とりあえず採用してしまうと言うパターンがあります。そしてその後、業務に入ってから色々なミスマッチが生まれてしまうのです。この手のパターンはクライアント側に問題があります。専門の仕事で作業も難しいのに相場より低い報酬だったり、悩みが絶えなくなります。意識、環境の認識の違いで把握できず食い違いが起こります。

気持ちの切り替えが大事

エンジニアは仮にクビになったとしても、落ち込む必要はありません。現在はITエンジニアは圧倒的に不足している時代です。仕事は選り好みしなければすぐに見つかりますから、気持ちの切り替えが大事です。ただし原因分析は必要です。自分のスキルに問題があるのか、エージェント会社に問題があるのか、クライアントに問題があるのかしっかり分析して次に生かすようにしてください。クビになったとしても、原因の半分以上は「運」のため、コントロールすることは出来ないです。いつまでも引きずっていても仕方ありません。

次の仕事探し

くよくよしていても何も始まりません。さっさと気持ちを切り替えて次の仕事探しをした方がいいです。IT業界の仕事は選ばなければいくらでも仕事はありますので、チャンス自体はいつでもたくさんありますので安心しましょう。毎月コミュニケーションを取ってくれるエージェントなどもあります。積極的に参加して意思疎通をしましょう。営業活動で仕事を見つけしだいに連絡をくれるケースが多いです。

健康状態を充実させること

ITエンジニアは健康状態に1つ以上問題を持っている方が多いです。その場合は先ず治療をしましょう。業務委託とはいえど、クライアントが危惧したら仕事は決まりません。市場において働ける状態に戻しましょう。初心者の場合は特に立ち直りが遅いです。長く働けるためには身体、精神の安定が第一です。理解してくれるところであればいいですが大きな病気を持っていると体調で問題があると思われ、活躍する場所もありません。能力がよほどずば抜けていないと、イメージが悪く、取引してくれないでしょう。

コーディネーターを変える

もしクビになった案件をフリーランスエージェントを通して決めた場合は、エージェントのコーディネーターを変えてみるということをお勧めします。もしかしたらスキル不足ではなく、双方のすり合わせ不足でミスマッチが生まれている可能性があるからです。スキルのミスマッチの場合はクライアントの問題、及びコーディネーターの問題です。java、php、rubyの一つでもできれば、普通は仕事情報が大量にきます。対応してくれていない可能性もあります。また苦手なコーディネーターなら変えたほうがいいでしょう。

再就職を目指してみる

そもそも実力不足でクビになってしまった場合、再就職、転職をして一度技術や知識を習得すると言う手があります。pythonやjavascriptでも未経験からできれば本当にフリーランスとしてやっていけますので数年は頑張りノウハウを身につけましょう。コミュニティなどにも参加し、活用して情報収集をしておきましょう。そして再度スキルアップしたあとに仕事を確保して年収も高く、自由度の高い業務をやって稼働すれば将来、個人事業主として充実した生活を送れます。無理なくひとつずつ信頼関係を構築すれば、そのうちフリーランスでも安定します。

技術の習得は継続的に続けること

技術の習得は継続的に続けること。これは最も大事です。即戦力としてあらかじめ見られますから数多くの学習をして高める必要があります。学んで繋がりを作っていけば、その繋がりから仕事に発展するケースもあります。厳しい世界ではありますが、ゼロからやり直しても必ず立て直せます。駆け出しのころは勉強で不規則な生活をしても向上する意識があれば評価を得られるようになり、余裕をもってプライベートも過ごせるようになります。学ぶ意識が乏しいなら就職がおすすめです。不安定になってしまうので会社員のほうが安定するでしょう。

別のエージェントに登録

もし、現在のエージェントに対して不満を持っている場合は、もちろん登録するエージェントを変えてみるということも一つの手になります。手数料は取られますが新しく登録をして別のエージェントで活動することでうまく回る可能性もありますので、登録をして活動を始めてみましょう。常に一定のセミナーや福利厚生、確定申告(税金)など色々なサービスを提供しているエージェントもさまざまありますので、調べて探すさいはおすすめです。登録すれば簡単に紹介を受けることができます。量もたくさんありますし、デザイナーなどの仕事も持っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました