フリーランスITエンジニア:SEの新人研修についていけない 新社会人と未経験者

Freelance

ITのSE新入社員はなぜ研修についていけないのか、理由を記事で参考程度に解説します。新しく新卒で会社に入った方、または全くの未経験でIT企業に入社した方は100%新人研修という者があるはずです。逆にこれが全くない会社だとブラック会社である可能性も否定できません。この新人研修は付いていけないことも多いのですが焦る必要はありません。

新人研修はついていけなくても大丈夫

システムエンジニアやプログラマー志望でIT企業に入社した新卒社会人や未経験転職者は新人研修を受けることになります。そこではプログラミングなどの講習もするわけですが挫折してしまう人は多いです。しかしプログラミングの技能は研修ごときでは身につきませんので焦らないようにしてください。その前に研修を受けて、教えてもらうことで基礎をこなしていかないとサービスを提供することは難しいです。

業務スキルは研修では身に付かない

まず言っておきたいのは、実際のスキルや知識というのは研修レベルの薄っぺらい内容で身に付くものではありません。プログラミングであれば一人前になるまで数年はかかります。新人研修はたった数カ月しかありません。結局、仕事をやってみないとスキルは身につきません。そのため研修で挫折する必要はないです。社員は目的をもってまずはしっかり向上心を持って研修を受けましょう。説明を受けて、力をつけていけば部分てきにもついていけるようになります。

プログラミングが出来なくてもOK

システムエンジニアやプログラマー志望で入社したのにプログラミングがずっとできない状態が続いても問題はありません。というのも、プログラミングだけがITの仕事ではありません。プログラミングは開発の仕事になりますが、システムは開発だけではありません。運用の仕事だってあります。そのため、プログラミングはできなくても問題なのです。配置転換をすれば話は終わりです。

資質が無い?

いきなり難しい新人研修を受けて挫折してしまい、自分は才能がないと感じてしまう方も少なくありません。しかし資質がないかどうかというのは数か月でわかることはありません。数年かけてようやくわかることなのです。つまりいきなり資質が無いと感じてしまうのであれば思いとどまった方が賢明と言えます。またいずれは資格の取得などもしましょう。求めているスキルや知識が身について対応できるようになります。

新人研修の意味

新人研修をやる本当の意味はビジネスマナーを抑えておき、さらに実際にどのような仕事をやっていくのかということを知ることが大事なのです。そのため実際の実務クラスの仕事における知識やスキルまではそもそも要求されていないケースがほとんど。新人研修の内容は実際に実務を行うようになってから見返してみるのもおすすめです。キャリアはいずれ積めるようになります。パソコンで学べる環境があるので今は便利です。

会社も即戦力を期待していない

そもそもになるのですが、新人研修をやるということは逆に言えば会社側からすれば、即戦力としては考えていないという裏返しになります。本当に即戦力クラスの人材の場合は、入社してから1週間程度で実際の業務に入るケースが多いです。それに対して新人研修の場合は、3か月程度時間をかけて研修をします。これは徐々に新人を慣らしていって、業務に徐々に入れるように持っていくのが会社の狙いになります。

定時外で勉強

新人の場合は定時外で勉強をこつこつやることも大事です。社会人1年目だと、特に学生の気分から抜けていないケースも多く、夜に遊んでしまう若い子は多いのですが、ずっとそのままはよくありません。技術者として会社に入っているわけですから、少しでいいので、毎日技術の学習をするようにしてみましょう。何も1度にすべてを理解する必要はありません。先輩などに聞いたり、本で学習もしましょう。

文系卒だからついていけない?

ちなみに文系大学の出身だと、文系だから新人研修についていけないと考える人もいます。自分は文系だからついていけないんだ。こう思っている方は心配することはありません。これは理系でも実は同様に感じている人もいます。理系でもプログラミングが全く分からない人がいるからです。大学時代にプログラミングをしたことがない人はたくさんいます。

用語がわからない

また、新卒や転職組の未経験者だと、専門用語が多すぎてよくわからないという意見があります。こればかりは地道になれていくしか答えはありません。また社内には技術者もいるので、技術的に分からないことは、どんどん質問して学んでいって良いと思います。考えることでも分からない場合は基本、実務期間を経験することで解消できます。企業も高い期待はしていますが、それは知っているため、不安はありません。

会社が辛い、業務についていけない?

いきなり新人研修で専門的なプログラミングをしてしまうと、会社に行くのが辛くなったりしてしてしまうでしょう。しかしこう感じるのは今しかないのです。慣れてしまうと何とも思わなくなります。新人にとって大事なのは、仮にわからなくても業務外でコツコツ勉強をしておくことです。これが数年後、花開いてフリーランスITエンジニアに転身していく方は多いからです。

フリーランスになれば会社員の数倍の給料になります。数年後に楽になるために先行投資をしておくことは大事です。地道になりますが、コツコツと勉強をしていくことをお勧めします。

オンライン受講

今の時代はwebインターネットが発展していますので、社員研修同様の内容がネットでも受講できます。オンラインで、javaなどの勉強もできますので焦らないようにしましょう。採用され配属されたら、毎日のんびり学ぶことでだんだんついていけるようになります。教育コンテンツは無料で一人でも利用できることが多いです。合わせてコースの講師に聞いてみるのもありです。スピード感のある学習や復習も可能です。

スキル、知識は時間が解決

新人研修の内容はとても能力を要するかのような難しいものが多いですが、現場で一度3ヶ月やればある程度分かるようになり安心します。これから現場環境で聞いていくことで新入社員でも早く習得できるようになります。悩んでいればリーダーへ何度か相談してみるのもいいでしょう。データベースやアプリケーションなど学ぶことは多いですが、1つずつやっていきましょう。始めるにあたってはどこかしらわからないところはあります。目標に向かって頑張っていきましょう。

効果は数年度

最初はOJTで勉強していることで正直たくさんの疑問、課題を抱えてしまう状況になりますが、基本的に効果は数年後に現れるようになります。システム開発でプログラムを学び実践、対策していくことで成長をしていきます。職種の担当者として仕様書や機能なども理解できるようになります。ある程度作業を繰り返すことで、新しい仕事を覚え、はっきり理解し、簡単にできるようになります。若手でも職場によっては結構昇進していって管理の仕事にまで上がっていく人もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました