フリーランスITエンジニア:テストエンジニアは底辺か? 楽しい? きつい?

Freelance

テストエンジニアがやめとけと言われる職業です。テストエンジニアはニートや無職、さらにはスキルがない方が目指す職業としてはとてもお勧めです。しかし問題なのはその後ステップアップを狙っていく必要があるということです。

テストエンジニアの年収

テストエンジニアはシステム開発の一部になりますが、最も難易度が低く、誰でもできる仕事の一つになります。会社員で年収は300万円~400万円前後になります。ただしテストエンジニアでも数年経験を積めば、年収は上がっていきます。記事の下で紹介しているのですが、フリーランスになれば年収は500万円前後まで上げていくことが可能です。そのため、ニートや無職が最初に就職するにはとてもお勧めの職業。

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアの業務内容は、テスト計画、テスト設計の作成を最初にします。テストケースを作成したら、テストを淡々と行っていきます。不具合が見つかれば、開発チームに修正依頼を出して、再度テストを行うというものになります。テストエンジニアは品質向上を目指していく一面も持っています。

テストエンジニアは底辺と言われる理由

テストエンジニアはスキルなしでもはじめられるため、無資格、ノースキルでも就職しやすい職業です。しかし底辺職とも言われています。その理由は以下のようなものがあります。

スキルが身に付かない

テストエンジニアはプログラマーやシステムエンジニアに比べるとスキルが身に付くことがありません。仕事内容が簡単なので、年収も上げにくく、さらには評価もされにくい職業であることから、底辺の仕事と言われてしまいます。プロジェクトのなかにはテスターは学生が担当していることも多くあります。

責任を問われやすい

テストエンジニアがやめとけと言われる理由は、不具合が発生した時に責任を問われやすいからです。テストに漏れが無かったことを証明するのはとても難しいです。そのため、リリース後に不具合が見つかった場合、テスターが怒られてしまうケースも多いです。

工数が少ない

システム開発を行うにあたって、テストというのは一番最後の簡単な仕事になるため、工数をあまり用意してくれないことも多いです。重要なのは設計と開発であってテストではないからです。そのため、短い工数でテストをこなさないといけないケースも多く、残業しながらテストをやっていくことも多くあるのが実態です。

同じ作業のくり返し

テストエンジニアは同じ作業のくり返しです。テストエンジニアを何年やっても、テストしかできるようにならないので、単調な業務になります。これは逆に言えばスキルが身に付かないので、底辺職と言われやすいです。ずっと同じ作業でも飽きないのであればいいのですが、年収を上げることが難しい職種でもあります。

未経験やニートにはおすすめ

テスターは未経験やニートにはとてもおすすめです。なぜかというと、年収は未経験の割には高いですし、重労働でもありません。しかも未経験OKのケースがほとんどですから、敷居も低いのです。仕様書を読んで、仕様通りの動作になってるかとか、慣れるまでに苦労することはあるかもしれませんが、難易度は低い仕事になります。そのため、社会人経験を積むためにこの職業をやることはとてもお勧めしますが、同時に以下のことも気を付けてください。

スキルアップは必須

もし今後、年収を上げていきたい場合はスキルアップを狙っていくことが大事です。プログラマーを目指したりしていけばフリーランスになることも容易になります。そのためには新しいことにチャレンジしていくことが求められます。プログラマーになれればリモートワークもできますし、自由度も上がりますのでとてもお勧めです。

テスターは需要ある?

テスターの仕事自体はフリーランスになったとしても多くあります。フリーランスの専用エージェントに登録をすれば多数の案件紹介をもらうことが可能です。しかしリスクもあります。それは以下のようなことが挙げられるため、テスターとしてフリーランスになりたい方はキャリアアップも視野に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました