フリーランスITエンジニア:女性に向いてない理由 言われる人、向かない人

Freelance

ITエンジニア職は女性に向いていないと言われていますので理由を記事として解説します。ITエンジニアと言えばほとんどが男性で未経験でも目指すことができるのがメリットです。この分野はほぼ男性が9割以上を占めているといっても過言ではありません。それではエンジニアになぜ女性がいないのか?そしてそもそもエンジニアは女性に向いていない理由を説明します。

女性がエンジニアに向かない理由

エンジニアの方を見ていると、他の職種に比べて女性は少ないです。ではどのような理由があるのでしょうか? 知識や技術を求められる職業なので、キャリア形成の方法を見いだせず、企業のサポートも感じられない方もいますし、学ぶ興味がない、働きがいがない、コードを書く適性がないなどと言う理由もあります。環境や男女の不向きも影響します。スキルが身についても、学習もせず目指す意思がなく、働きたくない職には誰もつきたくありません。

労働時間が長い

SEエンジニア、特に開発に関わっている人の場合は労働時間がとても長くなります。インフラ系であればシフト制になるのですが、プログラマーになると納期に合わせる義務があります。遅延を起こすと休日出勤や夜勤にもなります。このような過酷な労働環境は女性には向いていません。女性は男性に比べると体力面で劣ってしまいます。育児や家事など家庭の仕事がある女性は特に厳しいのです。

ライフイベント

女性エンジニアの問題はライフイベントがあるということです。これは結婚、出産、育児がとても大きなポイントになります。これらの時期はそもそもあまり長い時間労働することが難しくなりますが、いまのIT現場の実情を見ればわかる通り圧倒的な人手不足です。そのため、時短勤務なども難しい所が多いのです。

ブラック企業が多い

女性を苦しめる理由としてはモラルのないブラック企業がIT業界にはとても多いということです。ブラック企業は反社会勢力が経営しているケースも多く、帰れない、きつい、化粧が乗らないなど、色々なリスクが女性に降りかかりますので、あまり女性にはこれらの職種は向いていないと評価されてしまいます。

理系出身者が少ない

女性は理系出身者が少ないという特徴があります。文系でもエンジニアにはなれますが、圧倒的に理系のほうが有利になるのは間違いありません。理系出身の女性の割合が少ない事実が、女性がエンジニアに向かないという傾向を生み出しています。それがゆえに文系出身の女性は向ていないと言われてしまうのです。

論理的思考

女性は男性より感情や直感で行動する方が多い傾向にあるため、エンジニアに向かないと考えている人が一定数います。ITの職場はその逆で、論理的思考を求められます。これは男性がとても向いていると言われているのです。とくにプログラマーはシステムを開発するために緻密なロジックを積み上げて実装しなくてはいけません。能力が向いていない、勉強が普通以下だと厳しいです。

プログラミングが全くできない

女性エンジニアの特徴としては、インフラエンジニアやテスターなどにとても多い傾向にあります。プログラマーにはとても女性が少ないことからもわかる通り、プログラミングがなかなかできない女性が多いです。プログラミングはIT職種には求められる素養でもあるため、これがあまりできない女性が向いていないと言われてしまいます。

女性エンジニアの強みはどんなものがあるのか?

以上が女性が向いていないと言われてしまう理由ですが、強みもあります。この強みをうまくいかせれば女性エンジニアでも成功する可能性は十分あります。これから先、エンジニアとして歩みたい方は始めるさいに参考にしてみてください。今は人材が不足していることから、理解を示す企業も増えています。年収も大きくアップする可能性があり、システム開発は就職で重視すべき業界です。パソコンでプログラムを始めてみましょう。

コミュニケーション能力が高い

女性は男性よりもコミュニケーション能力が高いです。コミュニケーションが苦手なエンジニア同士だと意思疎通がうまくいかずに、トラブルに発展するケースがありますが、女性の場合はそのトラブルを予防できます。女性ならではの気配りや心遣いというのは男性にはありませんので、この点が有利になるでしょう。また同時にサイトで副業など見つけることでスキルの習得も進めましょう。

肉体的負担が少ない

エンジニアは長時間労働がとても有名ですが、これは逆に言えば肉体的負荷が少ないことを意味します。建設業のように体力、力を求められるわけではありません。小売店など立ちっ放しで肉体的負担が大きい労働に比べたら、エンジニアは座り仕事な分女性向きと言えるのです。長年働いている女性もいます。周囲や先輩で技術者がいたら調査して聞いてみましょう。

リモートワーク

リモートが女性プログラマーも可能です。業務内容が1人でできるのであれば、イメージとしても楽でしょうがその通りです。手を動かしながら、資格取得もできて、子育てもできて、家事もできます。性別関係なく楽な環境でキャリアアップもできますし、労力も少なく、実績があれば新しい転職探しも簡単に採用されます。無料のスクールで鍛えることもできます。残業もそれほど負荷になりません。

地味な努力

女性は男性よりも地道な努力ができる生物です。プログラマーは苦手でも毎日やっていけば、コツも覚えられますし、学び、スキルアップも可能です。トレンドが変化しても毎日勉強すればすぐに追いつきます。今後基礎を努力していけば、得意分野を専門にすることができます。その結果、もらえる給与も増えて、希望の仕事も見つかるようになります。初心者でも常に勉強することでプロになれます。

フリーランスエージェントがおすすめ

ITエンジニアとしてやっていきたければフリーランスエージェントにwebから登録することをお勧めします。フリーランスエージェントは勝手に仕事を持ってきてくれますので、自分で営業する必要がなくなります。年収も上がりますし、基本サービス制度も豊富で相談にも乗ってくれます。仕事と家庭を両立させられますので活用しましょう。オンラインでの作業ができる案件もあり、場所が自宅のところもあります。

アドバイザーフォロー

アドバイザーは職務経歴書の添削をして、クライアント面談を有利にしてくれます。柔軟な対応で働く女性にとってたくさんのクライアントで働くことができます。1人でフリーランスをするよりは明らかに便利に活動できます。キャリアも案件を多様な選択肢から選ぶことができます。条件もエージェントがあなたに代わって交渉してくれます。悩みや課題があっても支援してくれますので転職サイトよりもおすすめです。

実力がつく

現状フリーランスとして働くことで、安定し実力が身につきます。働く女性もレベルが上がっていき、最新分野でも活躍できます。能力が身に付くことで報酬も上がっていき、人生や生活レベルも上げることが可能になっていきます。最初から難しいのであればいったん就職をして得意なスキルを身につけたり、スクールなどで受講して知識を身につけると言う手もあります。将来、働き方改革も進んでこれから就職活動も楽になる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました