フリーランスITエンジニア:C#プログラマーの需要と将来性 人気無し? 年収高い理由解説

Freelance

C#エンジニアは年収が高く、スキルが高いとゲーム開発分野でかなりの将来性,高い需要があるため、フリーランスとしてやっているプログラマーはかなり多くいることが分かっています。それではC#の将来性はどうなのでしょうか?今後やっていくことは可能なのでしょうか?

C#の歴史はどんなものだったのか?

C#は2002年に誕生した言語になります。この言語を開発したのはアンダース・ヘルスバーグで、彼はデンマークで生まれたソフトウェア開発技術者です。彼は1996年に、マイクロソフト社へ転職しました。その後、このC#を開発したのです。つまりC#はマイクロソフト社が作った言語ということになります。

名前からもとても容易に想像できることなのですが、C#はもともとC言語から派生した言語のため、C言語をベースに設計を行いました。汎用性の高さが大きな強みであるC言語の特性を利用して、現在では業務アプリケーションを筆頭に非常に幅広い場面で使用されるようになっています。C#は、スマホアプリやデスクトップアプリ、webアプリなど、実に様々な場面で活用されているため、仕事量もかなり膨大になっており、多数の技術者を生んでいます。

C#の特徴はどのようなものがあるのか?

C#の特徴、内容を説明します。大規模なゲーム開発を筆頭に高度な技術をかなり活かせる仕事が多いです。ruby、javascriptなども学ぶことで市場価値が高まるうえにそれぞれ幅広い条件で仕事が受注獲得できる可能性があります。キャリア構築に当たってプロジェクトの経験、プラットフォームなどの学習だけでなくこれから時間を作って資格取得もお勧めです。市場が供給不足なので、他と比較しても無料サービスで求人を見つけて活躍している方が多いです。

オブジェクト指向

C#は、オブジェクト指向が取り入れられています。オブジェクト指向とは、C#のベースであるC++やJavaでも見られる考え方です。オブジェクト指向を用いるプログラミング言語は、プログラムの追加や修正の際にほかのプログラムに影響を及ぼしません。ライブラリがありこれを使いこなしていきます。目指す上では必須です。androidなどの流行りの開発に比べると、旧来のWindowsでの開発が多いです。

Java

JavaとC#はとても似ています。文法や型などは幅が広く、Javaと良く似ている特徴があります。学習を進める時は、Javaをあらかじめ習得しておくとかなりスムーズに習得することができるようになります。高いスキルを身につけるとこれ以外にkotlinやAI、製品開発など難しい分野にも手を出す方がいます。チームワークで上手くいくことが成功する秘訣かもしれません。

初心者向き

C#はソフトウェアのプログラミング言語の中でも簡単で初心者にとって易しいのが特徴です。C#はマイクロソフト生まれの言語ということもあり、用途としてはマイクロソフト提供のツールで開発がサポートされています。そのためプログラミング初心者でも、なじみやすいです。VBAもできる方が多いです。一部リモートワークなども導入されています。

C#の平均年収

C#プログラマーはどれくらいの年収が期待されるのでしょうか。まずは以下の集計をご覧ください。これは全プログラマーにおける雇用形態別の平均年収です。サラリーマンプログラマーは意外と低いことが良くわかるはずです。しかしフリーランスになるとこの給料はかなり上がります。

Source : 求人ボックス

上でも語ったようにC#は商業面での需要が極めて高い状態にあり、単価も高いです。月収は50万~70万前後になることが多く、年収でいえば700万以上を狙うことも十分に可能になっているのです。そのため、実務経験が豊富な場合は、フリーランスになった方が稼げるということになります。一方で、未経験者や、実務経験が浅い方は単価が恐らく大幅に下げられてしまうことが予想されています。

C#プログラマーの将来性

C#は将来的にも安泰と言われています。これには以下のような理由が挙げられるからです。重要なキャリアを形成するにあたって能力は必要ですが、さまざまな最新技術の習得がおすすめです。将来はますます専門スキルを求められるでしょう。スキルアップのためにアプリ開発など現場の需要をキャッチアップしていきましょう。

マルチプラットフォームに対応

C#はマイクロソフトが開発したということもあり、Windows向けのプログラミング言語でしたが、MacOSでも使用できます。これによりWindowsユーザーのみならず、幅広いエンジニアへの利用が進むことになりました。

Windowsと相性が良い

C#の開発元はマイクロソフトのためWindowsと相性がとても良いです。主要企業の多くがWindowsを使用中で今後も増えていきます。それに伴いC#の市場価値も上がるでしょう。職種もロボットやスマートフォンなどの分野で独学をして役立つ経験を積む方がいて様々な分野に手を出している傾向があります。加えてLinuxなどのオープンソースOSにも対応できる方が多いです。

ゲーム業界

C#は業務アプリケーションのイメージが強いですが、近年はゲーム業界がC#を開発で使用するようになっています。ゲームエンジンで世界シェア1位になっているUnity関連の求人を見てもC#経験者を幅広く募集しているケースが多いです。今後もこの流れが続くと思われます。興味があれば詳細、種類問わず挑戦をしてみましょう。

必要なスキルはどのようなものがあるのか?

C#プログラマーとしてフリーランスをやっていくには最低以下のようなスキルが必要とされます。基礎的な部分の難易度はそれほど高くありません。キャリアアップをしていくためにももちろん上流工程なども学び理解していくことが重要です。さらにコーディングだけでなく、チームリーダーの経験を積んで、カテゴリによりますが情報処理推進機構の国家資格も取得していくとさらに良いです。

Windowsアプリケーションの開発経験

上記でも説明したのですが、C#とWindowsはとても親和性が高いです。マイクロソフトの開発環境での開発経験があるエンジニアは評価されやすいでしょう。VBでの開発経験もあれば合わせてアピールすると良いでしょう。

業務システムに関する知識

C#は業務システムの開発案件に用いられることが多いことため、知識を持っていると優遇されることが多いです。小売業や製造業といった特定業界の業務知識も合わせて有しているとより評価が上がる傾向にあります。

Visual Studioの使用経験

C#での業務システムやスマホアプリの開発はVisual Studioを使うことが多いです。この経験があると基本的に採用されやすくなります。特化した技術があるとよいです。さらにはswift、goなどの領域もできるとさらにビジネスで付加価値がついていきます。年齢によりますがスクールなどでキャリアアップを図る人もいます。

Unityの使用経験

ゲーム業界では近年C#の需要がとても高まっています。Unityの経験があると、かなり優位に立てるので採用されやすくなります。自身の参画プロジェクトで実践できる環境があればやってみましょう。実績を積んで収入を上げていけます。

C#プログラマーの需要

C#プログラマーの需要はとても高い状態にあります。PHPやJavaなどの人気言語と同じレベルで仕事量が溢れているため、経験値がある方は十分仕事を取ることができます。その際はフリーランスエージェントを使うことをお勧めします。複数登録をすれば、仕事が途切れることはまずないでしょう。

JavaやPython

C#は魅力的なプログラミング言語であるものの、世界の需要を見るとJavaやPythonなどのほうが高い人気を集めています。そのため、まだまだC#は需要は高いとはいえ、もっともメジャーな言語とは言えません。

互換性がない

C#の今後に影響しそうなところですが、もともと互換性がないという点があります。C#はC言語やC++といったC系言語に属するものの、言語に互換性がありません。共存することはできません。

コストが高い

C#の環境開発を構築するうえでは、Visual Studioの購入が必須です。導入するためのコストが高い点が懸念材料となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました