フリーランスITエンジニア:スキル不足でも生きていく方法 解決策

Freelance

フリーランスエンジニアの人のスキル不足について記事で解説します。紹介される必要レベルにないとフリーランスのITエンジニアにとって、スキル不足というのはかなり致命的です。ITエンジニアに置いて一番大事なのは年齢でも、見た目でもなくスキルになります。このスキルがないと当たり前ですが、収入を維持することが難しくなりますが、それでもやっていける方法はあるので、参考にしてもらえればと思います。

スキル不足が直面する問題

フリーランスエンジニアがスキル不足だと、以下のような問題が発生しますのでまとめました。働きながらでも大切なスキルアップ、レベルアップするために学習時間を用意しておかないと、生活が安定しなくなり案件獲得が不安定になります。スキル面は解消していかないと普段の業務や作業でも対応できなくなり実績が積めなくなります。サポートが必要な状況だと、高いスキルを求められるフリーランスは目指すのが難しいです。webスクールなどで補習をしてレベルを合わせていく必要があります。

単価の低い仕事

最新のスキルがないと、エンジニアは単調でしかも簡単な仕事をするしかなくなります。スキルのないフリーランスエンジニアを求める企業は少なく、仕事があったとしても単価が非常に低いものばかりです。そのため、ある程度スキルの高いエンジニアの半分以下の報酬で働くことにもなりかねないのです。職種によっては収入が低く、副業探しをせざるを得なくなります。自己キャリアの形成もできません。基礎だけでも独学でそれぞれ補ってAIに仕事奪われないようにしましょう。

収入が不安定

スキルが不足している場合は、安定的に仕事を紹介してもらえるチャンスが少なくなります。そして紹介してもらえる仕事量が減るということは、合間の期間も生まれやすくなり、交渉もできず収入が不安定になってしまうのです。エンジニアとしてクライアントにサービスが難しくなりプロジェクト参画が難しい感じになってしまいます。無料の転職サイトを活用して、一旦会社員に戻ると言う手があります。学ぶ能力があれば何度でも独立はできますし年収のアップも可能です。

長時間労働

スキルがないと、エンジニアは単調でしかも簡単な仕事をするしかなくなります。そしてそのような仕事の場合、比較しても長時間労働が多い案件が多い傾向にあります。単調で簡単な仕事ほど、短納期でスケジュールがとてもタイトなことが多いです。初心者で常に負荷が大きいならリモートワークなどオンラインで作業をこなすように相談も必要でしょう。チームに迷惑をかける可能性もあります。別で自習するなど平均の能力をつけることで追いついていく必要があります。

スキル不足でも生きていく方法

スキル不足でももちろん生きていく方法は全くないというわけでもありません。厳しいことに変わりはないのですが、以下のような手段を講じることで解決できる可能性はとても大きくなります。具体的には人脈などつながりをもったり、条件、年収を上げるために多数のエージェントに登録などがおすすめです。契約、参画まで時間はかかりますが紹介数が増えればさまざまな環境を選べるようになります。

複数のエージェントに登録

スキル不足のエンジニアは、まず市場での価値がとても低いため仕事がなかなか回ってきません。そうなれば、数を打ちまくって、あたりを見つけるしかありません。そのためには営業を代行してくれるエージェントに登録することをおすすめします。できれば10社程度に登録して、とにかく仕事紹介を受けまくることが重要です。これをやるだけでもかなり仕事不足で困る状況から打開ができます。

難易度の高い仕事に挑戦

上記のようなエージェントに登録すると、たまに即戦力以外でも受け入れてくれるようなクライアントからの仕事紹介もあります。そのような仕事の案件はできるだけ受けるようにしてください。簡単な仕事ばかり受注していると、スキルは停滞します。成長を見込んで採用してくれれば現場で揉まれますから、スキルが徐々に身に付いていくのです。あなたにとって難易度の高めの仕事は逆にチャンスでもあります。

セミナーに参加

スキル不足を挽回するための方法としてセミナーや勉強会があります。これらの交流会はとても有益な情報が集まります。他人と交流することで、お互いに興味のある情報を共有できるため、情報や知識の幅を広げることができます。交流をすることで、新しいことに挑戦したりする意欲がわいてくることもあります。そしてそれをきっかけに成長することもあります。

就職活動

上記のいずれでもどうにもならない場合は就職するしかありません。会社員として働くことで、スキルを磨いていきましょう。会社員の場合はフリーランスとは違って安定的に収入が確保できますから、精神的に安定した状態で勉強できるようになります。そして数年後にまたフリーランスに挑戦するということもとても良いです。

異業種転職

もし自分がエンジニアとしてそもそも向いていないと思うのであれば、異業種に転職するという手段もあります。世の中の仕事と言うのはITだけではありません。販売店、コンビニ、工場、さらには配送やタクシードライバーなど色々な仕事がありますので、選択肢はとても多くあります。もし向いていないのであれば無理をしてまで、今の仕事を続ける意味はないでしょう。

起業

もし雇われるのが嫌であれば起業をするという選択肢があります。起業するのは簡単ではありませんが、もし雇われることがどうしても嫌であれば、会社を作ってしまうこともありです。勿論ほとんどの会社は3年以内に廃業しているケースが多いのですが、それでもチャレンジしていく人は多くいますので、資金に余裕があればやってみるといいでしょう。

なぜスキル不足になっているのか?

そもそもなぜスキル不足なのか?ということですが、以下のようなところが足りないケースが多くあります。気持ちももちろんですが個人事業主を始めるさい、決めたさいには稼働するまで基本それなりのパワーも必要です。自ら探す努力もしていかないと悪循環の環境に陥ります。html、php、python、swift、c#、javascriptなど基本的に言語もしっかり勉強しておきましょう。

スキル不足で独立してしまった

まずフリーランスの場合はある程度の経験値は絶対に求められてしまいます。経験が浅い状態や未経験でフリーランスになってしまうと行き詰ってしまうことが多くあります。其れでもフリーランスとしてやっていくことはできてしまうのですが、不安がある場合は数年程度会社員として頑張ってから独立したほうがいいです。メンバーは信頼できるレベルになるまで事前にプライベートで継続して学習を実践する必要があります。

新しい技術を取得できない

いままではやってこれたけど、世の中の流れに取り残されているパターンは必ずスキル不足になっていく方も多くいます。どうしてもITは技術の世界となるため最先端の技術について学んでいかないとなかなかやっていけない一面があります。過去の時点では十分だとしても現在のニーズにマッチしていけないと生きていけません。誰かに教わる機会がないケースがこの例に当たります。正社員でも稼げるために事業の要望に必要なスキルを把握する必要があります。

プログラミングスキル

フリーランスで失敗するケースの一つとしてプログラミングが習得できずに挫折してしまう現役エンジニアも多くいます。開発であればプログラミングスキルは必須ですが、インフラの場合はそうとも言い切れません。この場合は分野を変えてみて改めて挑戦をしてみるということも重要になるでしょう。メンバーは相場にふさわしい相応の能力が必要です。一人でカウンセリングなども受けてみて基本的な評価をしてもらってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました