フリーランスITエンジニア:プログラミングの副業は稼げない?やめとけと言われる理由

Freelance

プログラミングの副業は稼げない?収入が増えない、スキルもないとやめとけと言われるので理由を記事で紹介し解説します。近年はプログラミングを副業でやる方がとても増えています。プログラミングが稼げるのは嘘だと言っている方もいますが、これは経験の有無で大きく分かれていくのです。プログラミングを起点として、引退せずに老人になってもプログラマーとして活躍することも可能です。

プログラミングの副業は稼げない?スキルと経験の有無

プログラミングの副業が稼げないと騒いでいる方もいますが、稼げないということはありません。これはプログラミング経験がどれくらいあるかによって答えが変わります。参考として以下のケースがあります。システムの技術でサービスの運営をすることになるので、ある程度自身で学びながら実務で質の高い内容を提供する必要があるのでここがポイントです。クラウドワークスなどで掲載されている豊富な仕事でも、少し軽い目的で始めると痛い目に遭います。

未経験者の場合

未経験者の場合、そもそもコーディング自体ができません。この場合はまず仕事を取ることよりも勉強から始める必要があります。プログラミングはそもそも職人芸になりますので、いきなり素人が今から始めてもうまくいくことはありません。そのため、未経験者がいきなり副業を始めようとしても挫折して退場していくことが多いですので難しくなります。企業やチームで学べる環境ではないので注意です。サポートや支援は薄いです。

経験者の場合

経験者の場合はたくさん稼ぐことができます。プログラミングで作成経験やが長ければ長いほど、独力で仕事ができますし、切羽詰まることもありませんので、工数もそれほどかからないからです。経験者は土日で副業をしている方がたくさんいます。ほとんどの方は在宅勤務で対応しているため、肉体的に疲れることはまずありません。それぞれ難易度の高い資格の種類も1つでも取得するのがコツです。

プログラミングの副業は意外と大変

プログラミングの副業と言えば週に1日、2日に在宅で仕事をするイメージがあるかもしれません。しかし意外と大変なのです。それは以下のような理由があります。運営会社などは仕事の紹介をするだけで、悩み相談などはしてくれますが、スキル向上はさせてくれません。カテゴリーにもよりますが1年~3年はがんばって実現していくことが求められます。オンラインや営業したり、講座を受けたり、現役は非常に長い期間で知識を積む必要があります。

学習時間が必要

副業だとしても新しい分野、言語、フレームワークで仕事をすることはよくあります。そうなると、ツールや用語などの学習があります。webなどで身につけるとしても時間が必要です。働きながら基礎を学習するのは意外と難しい。技術、スキルアップなどは副業でも求められてしまいます。まずは仕事の前にカウンセリングなどを受けてみてもいいでしょう。本業とは別に独学も必要になるため、プログラミングスクールでコース受講する方もいます。

獲得が大変

案件獲得は無料でもできますが、技術実績が必要です。稼ぎやすくなるためには評価を高める必要があり、そこにいけない初心者は悩み相談をするケースも多いです。また未経験だとクラウドソーシングで制作をして知識を身につけている人もいます。業界で仕事獲得はサポートを要するケースも多く、人材のスキル次第ではありますが、簡単ではありません。

安定稼働までに時間がかかる

副業案件は数が多くないため安定してもらえるようになるまで時間がかかります。十分な稼働環境がないと、収入が不安定になります。webサイトなどでいつも仕事応募している人も多く、クライアント探しに苦戦している人が多いです。営業力を高めることも重要です。

プログラミング言語はどの言語が需要ある?

SAMURAI ENGINEERの集計によると、JavaScriptのエンジニアの需要が一番高く、さらには報酬も高いことが分かっています。ちなみに以下の報酬はフルタイムで働いたことを想定した報酬になり、調査対象は正社員です。これがフリーランスになると、さらに報酬は上がっていきますので、もっと稼ぐことが可能になります。JavaScriptは小回りが利くので、どんな分野でも需要があるので習得をお勧めします。

1位JavaScript663万円
2位SQL657万円
3位C/C++650万円
4位R650万円
5位VBA611万円
6位Python608万円
7位C#575万円
8位Java573万円
9位Visual Basic550万円
10位PHP545万円
Source : プログラミング言語別の平均年収ランキング!高収入を狙える言語は? | 侍エンジニアブログ (sejuku.net)

商業的需要の高い言語を選択しよう

java、phpなどがありますが、他にもjavascriptやruby、go、swiftなども需要があります。クライアントによってアプリ開発などの要件は違いますが、ライバルを抜いていくためにも高い需要のある技術を付けていくことが望まれます。ライター、デザイナーでもhtml、cssをやるような時代です。プログラマーも常にたくさんできる必要があります。

ビジネススキルも意識しよう

フリーランスは自営業なので、ビジネススキルも必要です。営業力も大事ですからクライアントに売り込むことは常に意識しましょう。基本的に実践していくことで大きなスキルの取得が可能になります。納品まではしっかりコミュニケーションも取りましょう。最後まで最低限努力して信頼を得ていくことが成功の秘訣です。

プログラミングの副業のメリット

プログラミングの副業はとてもたくさんのメリットがあります。以下の点がとても大きいと言われているのです。たとえ参画できるプロジェクトに限りがあっても、これから機会をいくらでも増やしていけます。継続していけば個人の市場での価値も高まる傾向になり、安心できるようになります。最初は苦労してもアピールして取り組みをしていきましょう。体験することで専門の作業ができるようになります。

単価が高い

プログラミング業務は副業の中でも圧倒的に単価が高いです。週末だけの対応をしていたとしても、月に5万~10万程度稼ぐことができますから、とてもお勧めです。そのためスキルのある方ほど、プログラミングの副業はとてもお勧めです。これに対して未経験の場合はそもそも受注が難しいため、仕事自体にありつくことが厳しいです。

リモートワークができる

経験のあるプログラマーほど独力ですべて解決できますのでリモートワークが可能になります。リモートワークであれば、仕事をしながら家事や育児もできますので、女性プログラマーが子育てをしながら副業をしているケースもよくあるのです。

肉体的な負荷はない

プログラミングの副業はあくまで頭脳労働になりますので、肉体的に疲弊していくことはありません。そのため土日に働いたとしても疲れ切った体で月曜日から働くという悪循環に陥ることはまずないでしょう。

プログラミングの副業のデメリット

プログラミング業務の副業はデメリットも存在します。ただしメリットに比べるととても些細なことです。アプリケーションでの開発をするためには機械学習だけでなく、kotlin、c言語、javascriptなど学ぶ必要があります。費用も掛からず無料で学習できますが時間がかかります。

副業禁止の会社

まずあなたの所属している会社が副業を禁止している場合は、プログラミング業務の副業をすること自体がそもそもできません。まずは社内の就業規則をしっかり確認するようにしてみてください。

経験とスキルが必要

プログラミング業務の副業はとても高い報酬になります。そのため、スキルと経験が必要になるため、未経験者にとってはとても高いハードルになります。未経験者の場合は一回就職をしてからフリーランスなどを目指したほうがいいと思います。

週末ワークはそれほど多くない

週末だけ働ける仕事というのはあまり多くはありません。そのため会社員の間で仕事の取り合いも起こりますので、時期と案件の状況を見極める必要があります。仕事はいつでもあるわけではなく、時期によって左右される面がとても大きいです。

フリーランスエージェントを活用

プログラミング業務の副業をしたいと考えている方はまず自分の市場価値を図ってみるのもいいかもしれません。フリーランスエージェントに登録することをお勧めします。登録をしてみて紹介される仕事があれば、問題ありませんが、何も紹介されない場合は実力不足、スキル不足である可能性があります。興味がある方はまずフリーランスエージェントに登録をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました