フリーランスITエンジニア:やめとけと言われる本当の理由とは? 後悔と実態

Freelance

フリーランスエンジニアはやめとけと人の多くがいう理由について特徴や経験を交えて記事で紹介、解説をします。フリーランスITエンジニアと言うのはとても不安定で、収入が安定しないと言うイメージを持っている方が多くいるようです。これは当たっている一面がありますが、外れている面もあります。それではなぜフリーランスを止める方が一定数いるのか、その理由を説明していきます。

フリーランスエンジニアとは?どんな人たちなのか?

フリーランスとは、特定の会社に所属せず、個人で企業と直接契約を結んで働く個人事業主のことを指します。会社に雇用されていないため、「労働基準法」などの法律が適用されることがありません。そのためフリーランスによっては、会社員よりも劣悪な環境で働いている方も一定数います。フリーランスはライター、ディレクター、コンサルティング、システム開発などいろいろいます。

働き方は自由で裁量

フリーランスエンジニアは働き方は自由です。自由に働ける可能性が極めて高く、もちろん人材は会社員よりは優秀な方が多いです。転職より独立を選択する方は自立心の強い方が多く、自分を律することができます。フリーランス専用のエージェントサービスを駆使して案件獲得をします。人脈にも恵まれており、副業から始める方もいます。自由なのでストレスフリー、作業時間も自分の能力次第です。プログラミング言語がjava、javascript、ruby、phpなどたくさんできると、リモートできる確率が上がります。

求められる人材

フリーランスエンジニアは好きで仕事探しをしており、意欲がまずあります。そして正社員雇用などよりも優秀な方が多いです。未経験では難しく希望に合った仕事に就くには技術のある魅力のある方が多いです。単価も高くリモートワークで継続的に仕事を任せられます。稼げる方が多く成功している方が多め。技術が高く、ノウハウもあり、マッチングするため選択肢が多くあるため困ることはありません。高収入なので大幅な収入増になります。

福利厚生がほとんどなし

フリーランスは自己責任になるため、保険料などは自己負担100%で、スケジュール管理も自分で行うため、信頼を失うこともあります。そうなれば仕事がなくなり、報酬ももらえません。将来提案してもらえる仕事がなくなるリスクもあります。人間関係の煩わしさはありませんが自己の管理能力が問われていきます。休日もエンジニアのレベル次第です。

「フリーランスはやめておけ」と言われる理由と解決策

なぜフリーランスエンジニアはやめてとけと言われるのか?の理由をご紹介します。そして理由と共に、解決策も提示します。年収が下がったり、webでもネガティブなことを言われていたりいろいろなことがあります。フリーランスは身分に保証もサポートがなく、不安が多いでしょうが、以下のことを大切に活用していけば良い結果が出ることもあります。目指すキャリアを実現するために仕事探しの参考にしてみてください。

収入と雇用が不安定

フリーランスエンジニアには、仕事が見つかる保証がないところが大きなデメリットです。会社員は会社によって保護されており、簡単には解雇されないと言うメリットがあります。さらにフリーランスは必ずしも好条件の案件が受注できるとは限らないため、収入に波があり安定しません。依頼がなくなれば他の仕事へ応募するしかなくなり収入も途絶えます。考えることだけが中心となり大きく精神的な負担が増えます。

解決策

解決策としては、フリーランスエージェントに登録することで解消されます。フリーランス専用のエージェント会社があるため、ここに登録をすることにより仕事情報を定期的にもらえます。ある程度の経験を積んだエンジニアであれば平均5社から10社程度に登録して相談をすれば、仕事が途切れることはありません。さらには担当が仕事の支援してくれます。毎月続ける仕事がないと悩みやストレスで気が入らなくなり、プログラミングの作業もおぼつかなくなります。

営業活動が厳しい

会社員であれば、部署ごとにそれぞれ役割分担がされています。しかし、フリーランスは本職以外の営業活動も個人が背負わなくてはなりません。開発以外の業務に追われ、消耗して撤退するフリーランスエンジニアは多くいます。一人で学習するだけが得意な人が多いですが、現役エンジニア20代でも30代でも営業が苦手でできない人も多いです。

解決策

解決策としては、フリーランスエージェントに登録することで解消されます。フリーランス専用のエージェント会社があるため、ここに登録をすることにより仕事情報を定期的にもらえます。ある程度の経験を積んだエンジニアであれば5社から10社程度に登録をすれば、仕事が途切れることはありません。豊富なプロジェクト、分野から好きな仕事を選べます。40代以降の中堅世代でも活躍している方はいます。他にもクラウドソーシングなどさまざまな媒体を選べる状況です。

スキル習得が難しい

スキル習得が難しいと嘆くエンジニアもいます。例えば開発やAIなどの機械学習であればコミュニケーション能力だけでなく、新しい言語が出てきてしまい、技術で対応せざるを得なくなります。IT技術者は、クライアントから経験と実績、さらには吸収力を問われます。時代の変化が速すぎて挫折するエンジニアは多いです。初心者だと特にストレスになり体調の状況が良くなくなったりする人も増加しています。

解決策

解決策としては、後ろ向きな考えでいえば、フリーランスをやめて会社員に戻ると言う手もあります。会社員であれば、職種にもよりますが、新しい技術に対して習得を急かされることもありません。もう一つの手は職種を変えると言う手もあります。特にプログラマーなどは変化が激しいため常に勉強を必要とします。それ以外のセールスやマネジメントへ転向するのも一つの手です。

不況の影響

メディアの報道でもあるようにフリーランスエンジニアは景気の影響を最大級に受けやすい傾向にあります。2009年のリーマンショックでは特に組み込み系の専門のプロジェクトなどが本当に何個も消えていきました。不況の影響はフリーランスのような個人事業主から影響を受けることになります。自ら苦労してまでフリーランスになりたがらない人もいます。

解決策

フリーランスエンジニアの生き方としては特化型の技術者になるか、複数できるオールラウンダーになって充実していくと言う手段の2つがあります。前者は何らかの業界や言語などのスペシャリストになって、不況になっても仕事を受注できるようにすること。後者は両立できる何でも屋になって、ある仕事が不況で消えても、別の仕事を受注できるレベルにしておくことです。

高齢になると仕事受注が厳しい

フリーランスエンジニアの案件は、年齢制限を設けていることが少なくありません。50代以降になると、受注できる仕事が減少します。なぜなら、高齢になると病気などの健康リスクが高まるからです。収入も年齢を重ねるごとに不安定になる印象があり、いくつかの単発の仕事しかできないイメージがあります。一気に収入がなくなると賃貸や食費なども少しも支払えなくなります。

解決策

加齢と言うのは避けられない流れなのでどうにもならないですが、フリーランスエンジニアのエージェント会社に登録すれば、60代でも仕事を紹介してくれるエージェントはいくらでもあります。汎用機開発の現場などはむしろ50代から60代ばかりです。いまはオンラインで事業ができるようになり、集中できる環境ができました。そのため体力的に無理な環境ではありません。給与を得る手段はオフィスでなくても、十分可能なのです。

仕事量と報酬が釣り合わない

フリーランスエンジニアの場合、クライアントとの関係性を優先するあまり、仕事量と報酬が釣り合わないケースもあります。これはとくに2次受け、3次受けのような商流の下流の仕事を取ってくるとこうなってしまいます。下流の仕事になってしまうと短納期でとても難易度の高い仕事をやらされるのです。かなりエンジニアにとってはきついです。

解決策

これは現在のあなたの持っている商流に問題があります。仕事を受注する際はできるだけ仲介会社を経由しないようにしてください。変に間に会社を介されてしまうと、短納期でしかも報酬の安い仕事しか取れなくなるのです。そこでお勧めなのが上記で紹介したフリーランスエージェント。営業力があって、代行してくれるので、積極的に仕事を探せば、非公開求人も紹介してくれて参画ができ、高収入になれます。自信がある方は仕事が途切れなくなります。

自由度が高い分、生活のリズムを崩しやすい

フリーランスエンジニアは、働く場所や働く時間を自由に決められる半面、生活リズムが崩れやすいケースもあります。会社員のように上司はいませんので縛る要素がなく、残業も自由。現在はコロナウィルスの影響もあり在宅勤務が増えました。仕事とプライベートがくべるできなくなってしまい、怠惰な生活をしてしまう方も多いです。友人などから役立つアドバイスを受けないと、なかなか面倒で生活を変えられません。

解決策

これはあなたの問題になります。フリーランスエンジニアは自由度が高い分、自分をしっかりコントロールしなければなりませんので大変な人もいます。これが厳しい場合は、稼働ができなくなりますからフリーランスを諦めるしかありません。向上心がないと仕事の保障もされなくなり、収入は減る一方です。

社会的信用が低い

フリーランスエンジニアは、会社員に比べて社会的信用度が低いといわれています。銀行の不動産ローンやクレジットカードなどの審査に通らなくなってしまうのです。また市場の相場も日々変動します。新規参入したら、仕事が早く見つからないケースもあったり、飽和していて見つからないケースもありますので不安です。現実は楽しいどころか後悔して、寿命が縮まるような予感があります。

解決策

これは基本的にあなたの問題になります。始めるさいにもし社会的信用の問題が一番のプライオリティになっている場合はフリーランスをやめるしかありません。現状解決策はそれしかないからです。フリーランスは実現すれば自由ですが、社会的保証はありません。金額を稼いでいけるか、機会があるかは本人のスキル次第にもなります。成長して学び仕事を確保していく姿勢や余裕が必要です。

自己投資が必要

フリーランスの場合、現在のスキルで確実にこなせる案件を受注する必要があります。そのためエンジニアとしての自分の価値を上げていくために自己投資は必要です。会社によっては、セミナーの受講やプログラミングスクールの費用を全額もしくは一部負担してくれる場合がありますがフリーは一般的に補償がありません。社会において圧倒的に弱者な印象があるのがフリーランスです。

解決策

これはフリーランスならではの問題です。自己投資では自分に対してお金を使うことに対して、抵抗がないことが重要です。エンジニアである以上、何らかのスキルアップはどうしても必要です。もしどうしても投資ができない場合は、フリーランスではなくサラリーマンに戻ることをお勧めします。労働だけであれば支払われるだけになりますので悩まされることもなくなります。フリーランスにとっての労働はある意味投資です。少しネガティブな気持ちがあったり、覚悟がないとなかなか難しいです。

フリーランスは必ずしも失敗するわけではない

無料で利用できるフリーランスエージェントなども近年は登場しており、フリーランスは必ずしも失敗するわけではないです。なかにはしっかり高い報酬をもらっている方もいるからです。収入が少ない方は比較してみると行動や、人脈(繋がり)などに問題を抱えているケースが多いからです。そしてスキル面で問題があれば、自分の足りないところを調査してスクールなどに通って、技術をアップさせていけばいいのです。エンジニアはコミュニケーションが仲間とうまくできれば誰でもできる仕事です。

仕事探しは決して難しいわけではない

独自の人脈があれば、知り合いや友人から発注してもらえば成り立ちますし、人脈がなければフリーランスエージェントの運営に代行して探してもらえばいいのです。どうしてもやめとけという声が目立つのでネガティブな印象がありますが、内容によってはスキルがそれほどなくてもできる仕事もあります。条件とあなたの評価が合わせられれば仕事の受注はそれほど高いハードルではありません。週1日ていどの部分的な募集や自宅での仕事も今は増えています。

兼業フリーランスエンジニアもいる

もちろん掛け持ちで会社員と副業をしているエンジニアもいます。これはデザイナーなどでも同様のケースで、必ずしも会社を辞めなければならないというわけでもありません。兼業でも準備をして続けることはできます。チームの中でのスケジュールや納品対応などは大変かもしれませんが、対応できる状態であれば難なく仕事はできるでしょう。支払いもしてくれないろくでもないクライアントでない限り、苦労するケースは少ないです。事前に学んでいってさらには資格を取得している方もいるのです。

エンジニアは世界的にも不足している

追い風となるのはエンジニアは完全に不足しているという事実。3年くらい努力をすれば誰でもプロのエンジニアとしてやっていけますし、3つくらい掛け持ちしてもいけるひともいますので期待していいでしょう。税金などの知識は必須になりますが、交渉などもうまくやっていけば、収入は上がり続けます。pythonなど最新の技術を身につけていけばずっとやっていける状況です。1つでもなにか興味があれば、まずは周りの意見がどうこうよりも独学で始めてみることをおすすめします。技術力があればなんでもこなすことができ、取引してくれるところも増えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました