フリーランスITエンジニア:Goプログラマーはオワコン? 需要と将来性、特徴、年収 徹底解説

Freelance

Go言語のエンジニアはフリーランスも多く、開発需要や将来性はどうなっているのか、プログラミング言語の特徴を記事で解説します。Go言語は近年商業的な需要がとても拡大しているプログラミング言語になります。これからさらに需要が拡大すると言われているため、これからプログラマーとしてやっていきたい方には習得をした方がいい言語でもあります。

Goの歴史

GoとはGoogleによって開発されたプログラミング言語になります。Go言語の特徴としてはとてもシンプルで簡単な構文が多いということで、初心者にもとても扱いやすい言語になります。Limboという言語を開発したロブ・パイクとC言語を開発したケン・トンプソンによって開発されたこの言語は、コンパイルという方式をとっているのでプログラムの実行スピードが非常に速くなっています。

この言語が生まれた背景としてはプログラムの実行スピードを上げたいという意図がありました。2000年代初頭にはC#が登場していましたが、コンピューター処理速度の向上やマルチコアコンピューターの出現により、実行速度の高い言語の登場が望まれていました。そこで、Go言語が登場したのです。Goがリリースされたのは2012年のことです。当時の技術者の反応はとても弱く、あまり評価されていませんでした。しかし2014年にはGo言語バージョン1.4がリリースされ、ついにAndroidアプリの開発にGo言語が使えるようになりました。これにより、需要が拡大し、2010年代以降は商業の世界でもかなりの需要が生まれ始めました。

Goの特徴はどのようなものがあるのか?

Goの特徴としてはデータ処理など、以下のようなことがあります。別の言語と比較してキャリアが未経験でもチャンスがあります。他の分野からの転職に成功している例もあり、役立ちます。無料でも勉強できるので、扱いやすく大規模なプロジェクトでも活躍のチャンスがあります。人気ランキングでは余りなの上がらない言語ですが働き方にはアプリのバックエンドやフロントエンジニアなどで可能性があります。記述の少ない言語なので業務になれるのも早く、適しています。

高速処理

Go言語はコンパイラ言語であることから、処理速度が速いです。プログラミング言語には、実行時にコードを1行ずつ機械語に解釈しながら処理するインタプリタ言語と、事前にコード全体を機械語に変えられるコンパイラ言語があります。Go言語は後者に当たるためとても速いわけです。

並行処理

Go言語は、並行処理ができます。並列処理では複数の処理を同時に行ないます。並行処理と並列処理を使い分けてリソース効率を向上させることができますので、コンピューターの動作パフォーマンスを向上させることが可能です。

文法がシンプル

Go言語は文法がシンプルなので初心者が習得しやすい言語になっています。そして、ライブラリといわれる便利なプログラミングの集まりが豊富に揃っていることもGo言語のメリットです。

Go言語の平均年収

Go言語のフリーランスとしてプログラマーをやっていく場合、どれくらいの年収が望めるのでしょうか。まずは会社員のプログラマーの年収から見ていきましょう。プログラマーの年収というのは意外と低いです。以下は求人ボックスですが、400万前後で推移しています。ではフリーランスになればどうなるのでしょうか。

Source : 求人ボックス

2020年代のGoプログラマーの単価は60万円~100万円前後になります。つまり年収ベースだと700万前後は期待できることになり、会社員より大幅アップが見込めます。しかしこれはあくまで、実務経験が豊富な3年以上のプログラマーが対象になるため、経験不足の場合は、仕事が途切れてしまうリスクなども考慮する必要があります。

Goプログラマーの必要スキル

Goプログラマーになるためにはどのようなスキルが必要になるでしょうか。Web業過において、転職をしていくには職種によりますが以下のようなスキルが重要になります。目指すのなら基礎の部分は担当になっても対応できるようにしましょう。python、rubyなどほかの言語も習得していきましょう。

スマートフォンアプリ開発

Go言語はスマートフォンアプリ開発用の制作ツールが標準装備されているため、とても簡単にスマートフォンアプリが作れます。つまりこの分野の経験を持っていると、簡単に制作できるようになるので有利になります。システム機能の内容の知識はもちろんですが、同時にさまざまな資格も求めていったほうがいいでしょう。

IoT開発

Go言語には、ドローンやロボットといった高度な組み込み開発を行うためのフレームワークである「Gobot」が提供されています。GobotはIoT開発でかなり活用できるため、この分野での経験があると仕事に困らなくなるでしょう。webサービス業界では高まっている最新技術の学習習得は必須です。

Webサーバー開発

Go言語では、Net/httpパッケージがある場合、とても効率よく開発ができます。Webサーバーソフトなどが不要でサーバー構築環境が可能になるため、とても便利ですし比較的難易度もそれほど高くないので活躍できます。またアプリ開発の設計経験など役立つスキルを身につけて、実績をあげてスキルアップもしていきましょう。

OS、フレームワーク、データベース

プログラミング言語だけができればプログラマーとしてやっていけるわけでもありません。OSやフレームワーク、さらにはデータベース操作もありますので、総合的な技術力が問われることになります。スキルがなければスクールや独学などで新しいビジネスの幅広い知識を習得しましょう。ソフトウェアの操作を学ぶことで仕事、プロジェクトの流れも理解できるようになります。

Goプログラマーの将来性

Goプログラマーは参考として2010年代に商業の世界で需要が生まれ始めました。その背景もあるため、まだプログラマーの数がそれほど多くないのです。そのため、プログラマーは仕事を選ぶことができるので、フリーランスとしてもやっていけます。勿論経験値があることが前提になりますが、仕事は明らかに多く、今後も需要が拡大すると言われています。仕事を探す際はエージェントなどに相談すればすぐに見つかるレベル。複雑で難しい仕事は少なく、支援などの業務で使ってもらえる可能性があります。

Goプログラマーの需要

Goプログラマーの案件は年々増えている傾向にあるため、とても安定しています。これからも仕事量が増えると見込まれており、フリーランスになればサラリーマンよりも年収アップが望めるため、メリットも大きいです。仕事探しをする場合は、コネクションがない場合は、フリーランスエージェントに登録することをお勧めします。エージェントが仕事を持ってきてくれるため、とても楽になります。

案件数は多くない

Go言語の需要はそれほど導入されておらず高いとは言えません。全体的に見ればやはりJavaやPHPが圧倒的な数を誇っていますので、事情としてはまだまだこれからと言う印象。人気の高い言語に比べると劣るものの、これからは増えていくと予想されます。併せてjavascript、windowsやsqlも1つでも身につけて備わっていけばたくさんの仕事が発生するのでポイントです。

世界的なサービスの開発

Go(golang)言語はGoogleの開発した言語と言うこともありYouTubeなどの世界的なサービスの開発にも活用されるなど、将来性に期待できる言語です。かなり有名なサービスにも使用されている言語ですから、とても知名度が高いです。オンラインコンテンツが今盛んですが、アップデートされて今後進められていけば外部で作成するケースは増えていきます。チーム方針にも影響されるでしょう。

単価が高い

Go言語はとても単価が高いです。これは簡単で、まだ技術者の数がそれほど多くないことが理由です。企業が、採用しているのにエンジニアが足りないので単価が高くなるわけです。これから勉強をしていけばこの技術だけで大きく稼げるようになります。ノウハウのある、実装ができるレベルの人材はいくらでも仕事があります。未経験でも学び、サポートができるレベルになれば正社員で仕事は見つかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました