フリーランスITエンジニア:プログラミングスクールはやめとけ 現実の闇 徹底解説

Freelance

プログラミングスクールはやめとけと言われる理由や闇についてを参考で本記事で解説します。フリーランスITエンジニアになりたい人の中には、自力で勉強をすることなく、プログラミングスクールに通っていく人も少なからずいます。しかしこれはお金を失うだけで、実際にフリーランスになれないケースも多くあるのでとても危険です。

プログラミングスクールはやめとけ

プログラミングスクールはやめとけと言われる理由がいくつかあります。業界の闇とも言われるスクールには色々なカラクリがあり、利用者は先がなく、キャリアも積めずに損をしているだけという結果を生んでいます。そしてその一方で、スクールに通わずともフリーランスにプログラマーになれている方もいます。最近コミュニティや自宅で無料で日々勉強する方も多いので、他のツールを使ったほうがいいです。この手の質問はとても多いです。サービス制度を利用しても就職の内定の保証はありません。

卒業後はフリーランスになれない

プログラミングスクールはあくまで勉強をする場であり、実際の実戦経験を積む機会があるわけではありません。プログラミングスクールは経験を重ねる機会はありませんので卒業したところで、実戦経験はゼロ。ここからフリーランスになろうとしても実戦経験がゼロではエージェントに登録すら断られる可能性が高いです。お金だけ無駄にしてしまったということになります。大学生は特に調べず入ってしまい騙されてしまうことが多いです。

受講料が高い

プログラミングスクールの受講料は高すぎるのです。プログラミングスクールの受講料はだいたい30~60万円程度でこれよりもさらに高額なところもあります。仕事につながりやすいスキルを身につけられればいいのですが、そうならないケースも多発しているのです。問題は教材で、出来の悪いテキスト形式で勉強しても教養が身に付かない方も多く実態として成功率は低いです。あらかじめ仲間と一緒に入学する学生は多いですが非常に契約、就業までいける可能性が低いと言われています。

講師のレベルが低い

これは実際に元スクール出身のエンジニアが良く言っている意見ですが、プログラミングスクールに出てくるような講師はそもそも現場で通用しない、もしくは退場させられたレベルでしかない場合が多いです。優秀な技術者であればそもそもプログラミングスクールの講師などやる必要がないからです。三流のコーチをつけても、生徒が上達することはありません。手厚いサポートもなく、おまけに用意される教材も悪いです。

独学でも学べる

実際のところ、プログラミングスキルは学校で学ばなくても習得が可能です。プログラミングスキルはスクールに通う必要性がありません。プログラミングスクールのカリキュラムはしっかり組まれているのですが、そのカリキュラムはどれもこれも、お金を払ってまで必要なものではないため、継続してお金を無駄に払って損をすることが多いです。成功の目標の条件や設定である就職も遠く、全体的に卒業生のレベルは独学レベルと大差ありません。資格取得や教育は独学での努力でも実現可能です。

ノンコード・ローコード時代

体験すればわかりますが今のプログラミングはノンコード・ローコード時代を迎えています。ノンコード・ローコード時代とはプログラミング言語を使わずにシステムを構築することを意味します。Power BIなどを見ればわかる通り、今後はプログラマーがいなくてもシステムを作れる未来がやってくる可能性が示唆されています。AIの台頭により稼げる分野は限られます。選び方によりますが金を使うときはしっかり検討しましょう。疑問があれば自己で判断して解決はせず相談が良いです。

挫折する人

どんな習い事も同様ですが、比較してみると入学しても授業スタイルや希望する分野が違って不安もあり途中で挫折してしまう人が一定数います。素人が理解するのは難しいため教える体制が整ってない場合もあります。これはあなたが該当する可能性があります。その場合、お金は無駄になります。その後の選択肢としては異業種就職や、アルバイト雇用などさまざま。重要なのは期間を決めて授業料を支払ったほうがいいです。常に高めのプランなので安くありません。

アフィリエイターの宣伝だから

ネットでプログラミングスクールを検索すると、ほとんどがアフィリエイターの作成したウェブサイトしか出てきません。アフィリエイターは副業で収益を上げたいだけですので、都合の良いことしか言いません。そのため、ほとんどのサイトではメリットばかりしか伝えないため、初心者の中には騙されてしまう方も多いです。卒業後もSESなどのブラック企業就職あっせんが多いです。スクールの生の声を聴くと、不満しか漏れていません。優良なところはほとんどありません。

プログラミングスクールの収益構造

プログラミングスクールの収益構造としては以下のようになっています。企業の就職先支援をしているところもありますが、実績などしっかり調査しておかないと選び方で間違えて困ることにもなります。授業レッスンは相場よりも料金が高いケースも多く、具体的な実務レベルのスキルも身に付かないケースが多いです。教室で講座を受けても効率が悪く、意欲減退で後悔して失敗していく方のほうが多いです。もちろん本当に活躍する方もいますが少数です。

生徒からの受講料

プログラミングプスクールは教材などで基本的に生徒から受講料をもらって運営しています。これが一番安定した収入となります。そのためプログラミングスクールはアフィリエイターにたくさん宣伝をしてもらって生徒を集めたいという意図があります。しかし前述のとおりカリキュラムはお金を出すほどのものではなく、そこら辺にある本で十分です。webでは開発できる資料がいくらでもあり、時間があれば独力で学ぶことも可能。活用すれば充実したスキルも付いてくるので費用もかかりません。

返金保証などは一切なし

プログラミングプスクールの闇としては返金保証などは一切なしのケースが多いです。公式サイトなどでカウンセリング後に所属になりますが、現役で仕事のできないエンジニアがそれぞれマンツーマン指導をしており、教材の質が低く、モチベーションも上がらず辞めていく人が多いのですが、返金対応してくれないことが多いのです。これによりスクールは収益が減るリスクを抑えられます。メンターなども付きますが生徒が成果出ないことをすでに織り込み済みなのです。

人材紹介料

プログラミングプスクールは卒業した生徒をどこかのIT会社に紹介をして就職をしてもらうことで紹介料をもらいます。これには闇も多くあります。ITはブラック企業の比率もとても多く、明らかに違法行為を行っている会社に紹介するケースが頻発しているのです。せっかくプログラミングを学んでも、怪しい会社に就職させられてしまい、うつ病になってしまう方も多くいます。転職サポートをしているスクールも多いですが、紹介料目的であてになりません。

無料でできる自己学習のおすすめ

今の時代、ネットが発達しており無料で学習できるような大切なサイトがいくらでもありますので魅力です。このような環境であえて、高額で無駄なプログラミングスクールへ通う価値はありません。勉強はネットで無料学習サイトもたくさんありますので以下のサイトを使ってみてください。分からない場合は必ずコミュニティなどで聞いてみてください。学べるペースを維持していけば成長します。具体的には課題をこなして続けることで選んだ技能が身に付くようになります。

Progate実際にプロダクトを作りながら勉強できるため、実践的なスキルを習得可能です。URL
Udemy業界トップクラスの講師が揃っており、オンラインビデオコースを提供しています。URL
SchooプログラミングやWebデザインをはじめ、いろいろなカテゴリを取り扱っているオンライン学習サイトです。URL

安全なのは就職からフリーランス

一番安全なのはまずは就職をして数年の経験を積んでからフリーランスになるということ。会社では、入社直後の研修で基礎的なプログラミングの知識を学び、現場に配属された後も先輩社員の指導を受けながら業務を進めていくのが一般的です。普段の業務で得た知識を活かして、知り合いの会社から案件を獲得するといったことも可能で、とても安定したルートになります。

就職は一番安泰のコース

注意点としてはじめての場合はフリーランスだと対象にもならず仕事がもらえないことが多く、仕事紹介も少なくなります。就活をしたほうが社会人として経験でき、アピールできるようになります。現状、事前に準備しても納得のいく結果が出ていない場合は、まず積極的に転職をしましょう。その後1年、2年後に独立でも遅くはありません。そして勉強は悪質な塾やスクールに通学するのではなく、独学がおすすめです。これは筆者がそうだったからです。

数年後にはベテランクラス

採用されて働けば数年後にはベテランクラスになっています。悩みがあっても同僚に相談すれば解決もします。自社で作業を繰り返すことで成長します。結果的に自由に働けるようになり、リモートワークもできるようになります。余裕がでて幅広い仕事ができ、有利になります。もちろん仕事を見つけることも簡単になります。

自己学習からフリーランス

簡単ではありませんが、自己学習からフリーランスになることも可能と言えば可能です。ただし実戦経験がゼロなので、エージェントにたくさん登録してみることをお勧めします。最初は恐らく単調で簡単な仕事しか来ないですが、徐々に経験を積んで次のステップが見えるようになります。

コンテンツが充実する時代

インターネットは発展しておりwebサイトでコンテンツが充実しています。ほぼ個人でパソコンでアプリが作れて評価ができる時代となりました。敢えて高額を支払ってスクールに行く意味はありません。スキルが身に付けばポートフォリオも一部作れるようになり、仕事探しをする姿勢を見せれば明確に結果が出ます。求人の掲載はネットでいくらでもあります。職業で仕事をやればスキルの習得スピードも何倍にもなります。

稼ぐにはひとつのプログラミングをやる

python、java、ruby、css、htmlでも少し興味があれば合っているものをやりましょう。集中してテキストで学習し、平均半年から1年やれば傾向としてそこそこの実力が身に付きます。技術を確保すれば次の言語もできるようになりますし稼ぐことができるようになります。始めは不安に感じることもありますがだんだん満足して仕事がこなせるようになります。大きく技術者が不足している時代なので場所問わず学習も仕事もできる時代となっています。

最終的にはやる気で決まる

独学だろうがスクールだろうが最終的には積極的な姿勢で決まります。開始するさいにいくら準備しても、育成するにしてもやる気がなければ当然、適切な実力は身に付きません。いわゆる仕方なくやらされている状況では無駄です。基本的に大学へいっても困難な状況になるでしょう。本人の全体としての意識がすべてを決めます。30代からでも40代からでも成功者はいます。プログラムは効率的に仕組みを調べることで独自で実力は身に付きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました