フリーランスITエンジニア:フリーランスは結婚できる? 恋愛、結婚事情

Freelance

フリーランスの人は結婚できるのか、生活に不安はないか、結婚生活にメリット、デメリットのポイントを解説します。フリーランスと言うと不安定なイメージがあるかもしれません。実際のところその通りなのですが、エンジニアの場合はそうでもありません。むしろ独立しているITエンジニアの場合はサラリーマンの倍以上の収入があることが多いです。そんなエンジニアは結婚対象になるのでしょうか。

フリーランスエンジニアの結婚事情

世の中フリーランスが浸透してきたとはいえ、まだまだ会社員の方が、安定しているのは明らかです。近年終身雇用が崩壊していることが分かってきており、会社員の立場は明らかに低下していますが、それでもまだフリーランスよりは高いのが実態です。必要な条件が揃えば結婚する方もいますが、結婚相手が働きや収入に不安を抱えて結婚しないケースもあります。保険や税金、年金などお金がとにかくかかります。

フリーランスの有配偶者率

フリーランスは全体的に見ると実は結婚している人が多数派なのがポイント。フリーランスの配偶者がいる人は61.8%となっており、約6割の人が結婚していることが分かります。以下はフリーランス白書からの引用で、この調査の内容は2020年に行われたものです。ちなみに業種は全業種を含んだ会頭になっており、エンジニアだけではありません。負担が増えたとしても重要なのはお金ではなく相手であることがわかるでしょう。お金ありきなのは婚活女性くらいのものです。だから彼らは余っています。

Source : フリーランス白書2020_フリーランス協会 (freelance-jp.org)

フリーランスの子どもの有無

フリーランスのうち、家族で子どもがいる人の割合は44.4%となっており、4割以上子どもがいる状況です。意外と多い印象でしょう。フリーランスと言うと、一般的に独身を貫くイメージが強いからです。ただしリモートが増えてきているので結婚生活においてパートナーが理解すれば、子供をリモートワークをしている相方に任せるケースも増えています。給与も稼げますので一石二鳥です。

家庭と仕事の両立

フリーランスと言うと、自由に働く場所を選べると言うメリットがあります。これは子育てや家事などを考慮すると、明らかに会社員より優位にあります。会社員は所定の時間を働かなければならず、勤務中1時間だけ自宅に帰るなどなかなか出来ない環境にありますが、フリーランスは契約で確認すればわかりますが仕事の時間と家庭の時間を好きに組み合わせることが可能です。

居住地は自由

フリーランスの場合は結婚後、会社員よりも自由度が高いことから、住む場所も自由です。そのため、好きな場所へ移住して生活することも可能なので、フリーランスと結婚する場合は刺激のある生活を送ることもできるのでとても大切で、考えるうえでとても幸せです。また確定申告で賃貸などの何割かを経費に計上できますので節税にもなりますので心配はないでしょう。ただし転職とは違って社会保険(厚生年金)ではないので国民年金や保険料は全部自分で負担することになりますので少なくない費用です。

会社員よりも稼げる

上記の場合はあくまで全業種のフリーランスの解答ですが、ITエンジニアの場合は会社員よりも優秀な方も多く、年収も会社員よりも2倍以上稼いでいる方が多いです。さらにITエンジニアの場合は50代、60代になっても働いている方が多くいて、とても長く収入を維持できます。キャリア形成、対策で新しくphp、javascript、ruby、c#、python、goなど知識を習得する方もいます。これだけでも十分やっていけますし年間の所得もそれぞれ増えていきます。

フリーランスとの結婚のデメリット

以上のように意外とフリーランスは結婚していることが分かっています。そこでフリーランスと結婚するにおいてのデメリットも少なからずありますので紹介します。以下のようなことも踏まえて答えを検討したほうがいいでしょう。結婚自体は簡単ですが、生計が立ち行かないケースもあり生活費に困窮することもあります。キャリアでも家庭でも良い将来を描くためには自身のすり合わせやサポートが重要になるでしょう。

結婚意欲が薄い

全体的にフリーランスは男女問わず結婚意欲、希望が薄い傾向にあります。これは会社員よりも自分のやりたいことがはっきりしていて、しっかり仕事に集中したい方が多いことが挙げられます。そのため、2人で結婚は二の次にされやすいのです。価値観といえばそれまでですが、不利に働きやすいです。年齢によって求めるものも変化します。若い時は勢いですが、年を重ねるとあれもこれもそれぞれ相手に求める傾向がありますので手続きも二の足を踏むことが多いです。大きな隔たりも起こります。

収入は安定しない可能性

結婚をするうえで一番気になになるのが収入です。フリーランスはきちんと収入が不安定になりがちなので、なかなか結婚に踏み切れない方は多いです。しかしITエンジニアの場合は、前述のとおり、ある程度技術、実力のある人でしたら、高齢者になるまで仕事は選び放題の傾向にあります。スキルが落ちるエンジニアの場合は収入が安定しません。これは言うまでもないかもしれませんがデータでも明らかです。国民健康保険などもありますし費用の負担は大きく、これは異なる職業でも同様です。副業の方がマシともいえます。

住宅ローンが組めない

フリーランスは金額に限らず個人で積極的にローンやクレジットカードが組みにくいですから活用できないです。これは年収が1000万を超えたフリーランスだとしても落とされる傾向にあります。会社員のほうが圧倒的に有利です。社会的信用力と言う面でもフリーランスは会社員に劣ります。そのため夫婦で一緒にローンの書類審査をしてもらうケースもあります。また国民年金なども100%負担となりますので、手取りが減ります。所得税などもかかります。

ワークライフバランス

忙しいエンジニアの場合、専門の仕事ではありますがワークライフバランスが崩壊するリスクがあります。最近の正社員は特定の時間働けば終わりですが、フリーランスの場合はいつまでも仕事をすることもあります。育児や家事が疎かになるケースもあります。病気やイベントがあればもちろんお休みしますが、特定の休日がないぶん、いつまでも常に働き続けると言うことになります。大丈夫か不安になる人もいるでしょう。家庭のつながりが薄くなるリスクもあります。

恋人を探す方法

エンジニアの場合、そもそも相手がいないというケースがほとんどでしょう。それではどのようにして相手を探したほうがいいでしょうか?

マッチングアプリ

定番はマッチングアプリです。マッチングアプリは詐欺師や出会い以外の目的も混ざっているため注意しましょう。美人局やマルチ商法、さらには宗教勧誘と言った連中もいますので、注意しないとお金を騙し取られてしまいます。マッチングアプリの場合は4000円程度あれば、活動することが可能となっています。

パーティー

婚活パーティーや街コンなどにいけば、色々な女性と出会うことができます。しかしパーティーはどちらかと言うと、若い子向けのサービス。30代以降の方にはあまり向いていないかもしれません。パーティーは軽い出会いなので、遊び目的の男女が多数混ざっています。

結婚相談所

結婚相談所はこのなかではもっともまともかもしれませんが、上司の悪い男女が多いのが特徴です。結婚相談所は会費が月に1万円程度かかりますし、入会金で10万円程度かかってしまうのでお金がかかる分厄介です。成婚率は10%程度しかありませんので、あまり期待はしないほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました